01 | 2017/03 |  03

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!


今更であるが...IE8 の Web 標準 ( W3C ) 準拠モードと 2 つの互換モードについて(メモ)

IE はまだ存命す

インターネットエクスプローラ(以下 IE )の性能と評判の悪さはよく知られているところである。他方、それにも拘わらず IE のシェアが恐ろしく鈍い速度でしか低下しない。( それでも一時の「 80 %以上 」という異常な状況は改善され、確実に低下していることは喜ばしい。)

IE7 登場前の一時期には、評判の悪い IE 6 が改善されぬママ長い間「放置」されていたことから、「 MS 社はブラウザ開発から撤退か? 」の観測も流れたことがあった。しかし幸か不幸か、IE 7 が登場してしまい、その後現時点の最新バージョンである IE 8 迄登場してしまった。かくして撤退観測は願望的予測として裏切られてしまった。

さて、IE 8 の描画モードであるが、これがややこしいことになっている───ということを、恥ずかしながら最近まで知らずにいた。

このブログを立ち上げた時点で、ブラウザの表示は標準と後方互換という2種類のモードがあることを学習し、努めて標準モードで描画されるようなHTML 文を書くように心掛けてきたつもりだ。

そして、一貫して W3C 準拠を拒絶しつづけて来た IE が、IE 8 において遂に匙を投げ、W3C の軍門に下ったことを喜びをもって歓迎した。しかし、IE 8 に描画モードが3つ用意されていることは、寡聞にして知らぬママ現在に至ってしまった。

またまたやってくれた MS 社───ややこしいったらありゃしねえ

以下の記事は、Internet Explorer 8正式版レビュー - @IT に多くを負っている。

W3C 準拠をここ迄遅延させてきた結果、自ら蒔き散らしてきた W3C 非準拠ブラウザが大量に出回り、未だに多くの利用者がそれを使っている異常事態が存在している。

まさか自動車のようにリコールするわけにも行かず、苦肉の策として 3 つのモードを用意せざるを得なかったわけだ。

IE 8 には次のように 3 つの描画モードが存在している。

  • IE8標準モード(IE8標準、完全な標準CSS)
  • IE7互換モード(IE7標準、IE7互換の標準CSS)
  • Quirksモード(IE5標準、MS-CSS 5/6/7対応)

IE 8 には (1) W3C 準拠モード=IE 8 標準モード、(2) IE 7 標準モード、(3) IE 5/6 互換モードの 3 種類が存在している。そして (2) のIE 7 互換モードがこれまでのブラウザにはない第三の選択肢であり、特殊なモードだ。

ここからややこしさが始まる。これらの 3 つの描画モードを指定する IE 8 独自の方法( またしてもやってくれたわけだ。IE 独自がまたまた登場したのだから )が存在するということと、サイト閲覧者が (1)と(2) のモードを IE 8 上で切り替えられる、ということだ。

或る頁を IE 8 で描画した場合、DOCTYPE 宣言内容やその有無によって (1) 標準モードと (3) 後方互換モードを切り替えられるが、(2) のIE 7 標準モードは X-UA-Compatible meta タグを指定するという IE 8 固有の特殊な方法によって指定する。

しかも、(1) の W3C 準拠モードで作成された Web サイトを、IE 8 で閲覧する場合、閲覧者がブラウザ上で容易に (2) の IE 7 標準モードに切り替えることが出来、かつ、二度目以降の当該サイト閲覧時には、以前に同じ閲覧者が指定した IE 7 標準モードでそのサイトが描画されるのである。一旦、IE 7 標準モードに切り替えてしまうと、以後には当該サイトは切り替えられたモードで描画される「出血サービス」迄付いているわけだ。

▲ToTop

meta タグによる 6 種類の IE 8 描画モード指定

meta タグに拠る描画モードの指定は次のように行うそうだが、この value 値がかなりややこしい。
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=value" />

value には次の 6 つの値のいずれかが指定できる。

edge
最新(IE 9 が登場すればその標準モードで描画し、現時点では DOCTYPE 宣言有無には関係なくIE 8 標準モードで描画する。)
emulateIE8
DOCTYPE 宣言がない場合には後方互換モードになり、ある場合にはその指定に従う。
8
DOCTYPE 宣言の有無に拘わらず常にIE 8 標準モードで描画する。
emulateIE7
DOCTYPE 宣言がない場合には後方互換モードになり、ある場合には、IE 7 標準モードで描画する。
7
DOCTYPE 宣言の有無に拘わらず常にIE 7 標準モードで描画する。
5
今日でいうところの後方互換モードで描画する。

常に IE8 標準で、あるいは IE7 標準で描画する content 指定が用意されているが、これは裏返せば DOCTYPE 宣言を無効化することになる。

W3C 標準準拠を拒絶し続けてきた過去の遺産の「継承性」に責任を負わざるを得ない顛末が、またしても W3C 勧告にはない IE 固有の方法を実装せざるを得ないという、何とも奇怪な対応策を招いてしまったのだ。

IE の各種描画モードによる差異を視覚的に把握するツール

エントリイ冒頭で触れた Internet Explorer 8正式版レビュー - @IT に紹介されている、Expression Web 3 Super Preview for Internet Explorer を使ってみたが、それよりも遙かに優れたツールが Core Services 社から提供されている。 ( Core Services 社は、Javascript デバッグツール Companion J や Web 頁チェッカー DebugBar を提供しているフランスの会社らしい。)

それは IE Tester だ。My DebugBar | IETester / Browser Compatibility Check for Internet Explorer Versions from 5.5 to 8

実際に使ってみたところ、時々「落ちてしまう」基礎的欠陥はあるものの、バージョンによる描画状態の差異を比較するには、十分快適に使えると思われる。

現在閲覧している homepage の描画モードを取得するブックマークレット

エントリイ冒頭で触れた Internet Explorer 8正式版レビュー - @IT に紹介されている、IE の描画モードを取得するスクリプトをブックマークレットにしてみた。

■IE の描画モード取得ブックマークレット
(function(){var renderingMode = document.documentMode;
alert("現在のレンダリング・モードは「" + renderingMode + "」です。");})();

数日前からテンプレートの更新が全く出来ない!!

初稿:2007/12/3

改訂:2007/12/4

2007/12/3

それは数日前から始まった。テンプレートの更新が html 文も CSS 文も出来ないのである。

広告タグ<%ad> <%ad2>もきちんと入っているのに、更新ボタンを押すと「既にその名前のテンプレートが存在しているため名前を変更できません」と表示されるばかり。

挙げ句の果てには HTML も CSS も空白表示となり、更新ボタンを押すと表示されるが、それは先ほど更新したはずの内容ではなく、更新前のものしか表示されない。

で、今度は名前を変えてみるとやはり真っ白。そして更新ボタンを押すと、更新前のコンテンツが表示されるが、今度もエラー表示が出る。そのエラー表示とは削ってもいないのに、「広告タグ[<%ad>][<%ad2>]は削除できません。」である。

数日前までは問題なく更新できていたのに、一体どうしたことか?───同じような現象に悩んでいる人がいるのではないか、と検索を掛けてみたが皆目引っかからないし、phpbbを見てもそれらしいコンテンツはない。

つまりお手上げなのである。

2007/12/4

昨日更新できなかった、HTMLやCSSの更新したはずの箇所が、何と今日になって更新されていることに気がついた。

それでは、と他に修正したくて昨日諦めていた箇所も弄ってみた。

するとまたしても更新できないのである。

しかも何と旧管理画面に移行して、そこでブログデザインの変更を選択して修正すると、こちらでは直せるのである。修正後に更新ボタンをクリックすればそれはアップロードされ、テンプレートに反映されるのだ。

ところが、それを行えるには1つ条件がある。その条件とは別途、新管理画面が開いていると駄目なのだ。旧管理画面オンリイで作業をしなければいけないのだ。例えば、或るエントリイの修正作業を新管理画面で行いつつ、同時並行で旧管理画面でブログデザインの変更を行っていたら、その場合には旧管理画面からのブログデザイン変更は行えず、蹴られてしまうのである。

実は昨日も同じように旧管理画面を開いてそこで修正を施してアップロードしていたのだが、結果が反映されなかったのだ。

この原因は?

以上から推察するに、原因は新管理画面におけるテンプレート変更画面の仕様上の欠陥にあると思われる。

<%ad><%ad2>を厳しくチェックするようにしたこと、あるいは名称変更に係る仕様、このいずれかが原因となって、新管理画面におけるテンプレート変更が適切に作動しないものと思われる。

新管理画面の是非にまで話が及ぶ

phpbbを見ても新管理画面に関する苦情や質問はかなり沢山あるようだ。新管理画面上でテンプレートの変更が出来ない、との投稿もいくつかあった。中には旧管理画面に戻して欲しいとの要望もあったが、これは FC2 から明確な否定回答がなされていた。

phpbbにざっと目を通した印象として、FC2が新管理画面を撤回する気がないのであれば、その改良にもっと力を入れても良いのではないか、と感じた。いくら無料ブログとはいえ、ユーザーの負担や苛つきを土台に改善を進めていく、という手法は余りにおかしいと思われる。

ソーシャル解析におけるキーワード表示について(2)

ソーシャルアナライズのキーワード表示をカスタマイズする。

fc2曰く───「ソーシャル解析に参加すると、お客さまのページが "ソーシャル解析" の検索結果としてヒットするようになり、アクセス数アップにつながります。また広告タイプを "ソーシャル解析" に設定している場合は、お客様のページの内容に関連したキーワードが表示されるようになります。」───ということで5つのキーワードがブログの各エントリ頁に表示されるようなのだが、このデザインカスタマイズがちょっと面倒なことは、既に書いた。

今回は、任意のタイミングでその5つのキーワードと宣伝一行、計6行の文字列を表示したり、非表示にすることにやっと成功したので、その記録をまとめておきたい。

まずキーワード等を表示した結果は以下の画像のようになる。

ここに、このキーワード部分の表示・非表示は、Javascriptでコントロールした。

ソーシャル解析におけるキーワード表示について

ソーシャルアナライズについて

FC2が提供している新アクセス解析において、ソーシャルアナライズに参加した場合の解析用HTMLは以下のようになっている。(「オンラインカウンター」部分は広告であり、複数の選択肢から任意に入れ替えられるようだ。)そして、解析用HTMLタグを貼り付けた場所に最大5個の関連キーワードが縦並びで表示される、と解説されている。

ここにおいて、5個の関連キーワードは<li>~</li>の部分に挿入されると考えられる。そこで5個の関連キーワードの表示/非表示を切り替えるために、liタグを包含するdiv要素に、CSSにてdisplay属性を定義してみた。

ところがli要素を包含するdivブロックにdisplay属性を定義しても思うように描画されないのである。

そこで、もしやと思いscriptタグから始まるアクセス解析用HTMLタグ全体をdiv要素で包含して、そのdivのdisplay属性を定義してみたら、やっと目的を果たすことが出来たのである。

こうした仕様はアクセス解析用HTMLの仕様として、一言断るのが筋だろう。試行錯誤を利用者に強いるのは決して賢明でもないし、得策でもない。

昨日一日表示が乱れたために、ご迷惑を掛けてしまった閲覧者にお詫びしたいが、表示の乱れに呆れてしまって、二度と訪れてくれない人もいるかも知れないので、忸怩たる思いである。

fc2新アクセス解析について(前言訂正)

HTML、CSSを編集すれば済むことであった。

直前のエントリイで
「ところが、1つだけ難点がある。それはソーシャルアクセス解析に参加すると、キーワードが自サイト上のトップページに自動的、否強制的に表示されてしまうことだ。しかも、その表示結果をレイアウト編集することは出来ないようなのである。」
と書いた。これは明らかに間違っていたのでここで訂正しておきたい。

すなわち、表示の乱れ云々は、挿入されるソーシャルAnalyze結果表示部分のHTMLを編集すれば済むことであった。あるいはHTMLの編集と必要なCSSを書けば解決することであった。

久しくブログデザインの変更作業を行っていなかったためか、勘違いしてしまった。

fc2さん、ごめんなさい。

解決方法は絶対配置が最適だろう。

絶対配置にして、例えば必要なときに時計の上、あるいはカレンダーの上にかぶせて表示し、あるいは不必要になったら隠蔽すれば良いだろう。もちろんその表示/非表示の操作は必要なボタンをどこかに配置すればよい。近いうちに、暇を見てそのように変更しようと思う。

fc2新アクセス解析にもの申す

機能が豊富になった新アクセス解析

日々進化し続けているfc2ブログサービスには敬意を表したい、と思う。

喧かしい宣伝をすることなく、深く静かに潜行し、しかしサービスの質の良さで自ずからユーザーを獲得している様は、大変素晴らしい。

そして今回、従来からのアクセス解析機能を更にアップさせた新アクセス解析が登場したので、早速これを使ってみた。

特定アドレスからのアクセスを解析対象から除外する機能(これを使って自宅パソコンからのアクセスは解析対象から除外した)、リンク元をサイトだけならず頁単位でも追跡できる機能、自サイトのどのリンクが多用されているかを知る機能など、新たに追加された機能は歓迎すべきものが多い。

旧アクセス解析を捨てて新規解析に乗り換えたい、と思ったのは私だけではあるまい。

しかし、ソーシャルアクセス解析に参加すると表示に支障が出る。

ところが、1つだけ難点がある。それはソーシャルアクセス解析に参加すると、キーワードが自サイト上のトップページに自動的、否強制的に表示されてしまうことだ。

しかも、その表示結果をレイアウト編集することは出来ないようなのである。

この結果自サイトのトップページは、ソーシャルアクセス解析に登録すると、レイアウトが乱れてしまうのだ。

その乱れた様は下図の通りである。

上図の赤線で囲った部分がソーシャルAnalyzeによる検索語の表示であるが、これが自動的に挿入されてしまうために、レイアウトが崩れてしまう訳だ。

従ってソーシャル解析へ参加した場合のその結果表示を自在にデザインできるようにして欲しい。

ナビバーをエントリイタイトル直下にも表示

 ちょっとしたカスタマイズ報告。
 共有テンプの多くにおいて、ナビバー(前後のエントリイとホームへのリンクを配置した行)はコメントが表示される時だけ表示されるコメントエリアに属している。余程捻くれたテンプレートでない限り、コメントエリアはエントリイ本文の下に配置するので、ナビバーはエントリイを1つだけ表示させた時には、エントリイ本体の下部に表示される。
 この仕様では、今見ているエントリイの前後のエントリイを見たい場合には、見ているエントリイの最下部迄移動しないと前後エントリイへの移動が出来ないので、これまでとかく不便を感じていた。
 タイトルだけ見て前後のエントリイに移動したい場合もあるからだ。


 そこで、新たなコメントエリアをエントリイ本文の前、エントリイタイトルの下に挿入してこの中にナビバーを配置してみた。つまりコメントエリアとナビバーをそれぞれ2箇所に置いたわけだ。
 これにより本文の上下にナビバーが配置されるので、前後エントリイへの移動が容易になったというたわいもないカスタマイズである。

久々のTemplateいじり・・・

 本当に久しぶりになるが、ちょっとテンプレートを弄った。
 他の方のブログを見ていて、コメント欄に絵文字・デコレーション機能が付いているのを発見。「これは便利かも」とちょっと疼いたためである(苦笑)。
 さて、偶々別の目的でブログ管理者トップページを覗いてみたら、「ブログ変更点・管理者向けお知らせ」欄に、2005/08/09(火) 03:44付けで「コメント欄での絵文字・デコレーション機能のカスタマイズについて 」とあるではないか。
 かくして早速導入した次第である。


 さて、ではどのような仕組みになっているのか。
 外部化されたjavascript文を呼び出しているので、これを入手しようとしたのだが、残念ながらダウンロードすることは出来なかった。
 このため具体的な仕組みは解明出来ず仕舞いだ。アイコンクリックによって太字等の独自タグを挿入させ、これをJavascriptによってHTMLに変換しinnerHTMLを使ってapendしているのだろうと推測するばかりである。

メニューbuttonをFlashで作成してみた。

 flash画像は余りに動きの激しいものは閲覧に邪魔になるし、動きそのものが閲覧に支障を来す場合もある。そんなものはコンテンツには不要であると確信している少数者もいるかもしれない。それでも、flash画像は広い画面内において特定箇所を目立たせるには絶大な威力を発揮するので、以前からポイントを絞ったflash画像掲載を密かに目論んでいたのだ(苦笑)。
 しかし、flash作成ソフトは高価なものが多く「そこまで投資して・・・」と二の足を踏んでいたが、SourceNext社から安価なFlash Maker3なるソフトが登場したので、これを契機に「まあやってみるか!」と決意したのであった。
 一方Myテンプレート改造計画において、2カラムからシングルカラムへの転換を決意して以来、常時は隠蔽しておき必要に応じてメニューを表示する必要に迫られており、適切なメニューボタンを思案していた。
 かくして、flash画像によるメニューボタンに辿り着いたわけだ。
 あっさりとしかし目立つメニューボタンを!───それを心がけて色々と試みてみた結果が、現在頁上部に置かれているOpen MENU/CloseMENUボタンであるが、使い心地はどんなものだろうか?
 一々ボタンの位置までマウスカーソルを戻すのさえ面倒なので、メニュー内の右下にはそこをマウスカーソルが通過するだけでメニューが隠蔽するボタンを追加して、一応の完成をみたつもりでいるのだが・・・。
 沢山の方々の批評を受けられれば幸いである。

テンプレート改造計画(5)

 onmouseoverでトグル電源スイッチのように切り替える手法を初めて採用して1日が経過した。
 その方法の是非は様々に意見があるだろうと思う。───初めて遭遇した場合、操作が分かりにくい。つまり一般的ではない。説明がないと混乱する。ついmouseoverがセットされているエレメントを通過してしまい、何が起こったのか困惑してしまう。───
 混乱・困惑・躊躇は当たり前、挙げ句の果てには憤怒すらあるかもしれない。(こんなに使いにくいInterfaceを採用するなんて一体何を考えているのだ!)つまり、onmouseoverスイッチは、アクセスビリティとユーザビリティに対する配慮が欠けるかもしれない、と思う。
 それでもクリックしなければ何も起こらないことよりも、間違って「通過」してしまって事件が起きた方が関心を呼ぶのではなかろうか?!

 更に、Open MENUとClose MENUは文字ではなく画像で表示し、Javascriptによって画像を切り替えた方がより分かりやすくなるかも知れない。
 その画像をflashデータにすればますます目立たせることが出来るだろう。
 とはいえ、余りに目立ちすぎるとエントリイ閲覧時に邪魔になるので、top頁あるいはエントリイ頁オープン時だけflash画像を動かせば良いだろう。

テンプレート改造計画(4)

 色々と検討を重ねて、やっとのことで昨晩から本日未明に掛けて、テンプレート改造計画の実行第二歩目に踏み出した。
 まず、これまで半年以上使い続けてきた2カラムをついに廃止し、シングルカラムへと大転換を計った。top頁=index頁は従来通り最近のエントリイとカテゴリ一覧を表示すると共に、ここにおいてもシングルカラムへ移行したので、非常にシンプルになった。
 次に、全ての場合において操作メニューボタンを画面上部中央に配置し、ここから全てに辿り着けるようにしてみた。まだそのメニュー項目のレイアウトは荒削りであるが、何はさて置き、操作メニューボタン上のマウスオーバー/アウトによって、menu項目を表示したり隠したりするようにしてみたことが大きなポイントだ。それはあたかもその前を通るだけで反応する照明スイッチのように動作する。当初はクリックによって照明のオンオフを行っていたが、マウスオーバー/アウトの方が、遙かにスマートではないか、と思いこんでやってみたのだ。
 更に、MENU内のBrowsing MENUも同様にマウスが通過する度に、開いたり閉じたりするような仕掛けにしてみた。
 これらは共に、いわゆるonmouseover/onmouseoutによるスイッチとは異なり、onmouseoverだけで作動し、当該エレメント上をマウスが通過する度にスイッチがOn/Offする仕組みにしてみた。
 その結果や如何?

MyTemplate抜本改造計画(3)───第1弾

 template大改造計画の第一歩として、indexページに最近のエントリイタイトルに加えてカテゴリイ一覧を掲載してみた。
 エントリイタイトルだけでは余りに寂しいからであるが(苦笑)、カテゴリイ一覧があっても邪魔にはならないだろうし、カテゴリイ名を頼りに興味を抱いてくれる方もいるかもしれない、との思いも籠めたつもりだ。

MyTemplate抜本改造計画(2)

 文字ばかりでは十分な説明にならないので、イメージを絵にしてみた。

myblogReconstruction.jpg


myblogReconstruction2.jpg


MyTemplate抜本改造計画

 新設されたブロック変数を活用してindex頁を特設してみた。その成功に意を強くした今、更に他の新設ブロック変数を利用して、このブログテンプレートの抜本的な改造に取りかかろう、と思う。
 インデックス頁設置の他に用意された変数は、カテゴリイ別、月別、個別エントリイ別、検索時等で表示を変更できるものであるが、これらを意味のある範囲内で活かして、それぞれのタイプ毎に頁の表情を変化させてみたい。といっても、その場合の基本的考え方は、例えばそれぞれ毎に全く別な表情(デザイン、色、画像等々を全く異にする別々のサイトのようなもの)にするような方向性ではない。(※ それはそれで面白いかも知れないので副次的には行うことになろう。)

この続きを読む

エントリイの最初の200文字をタイトルmouseoverでpopupする(2)

 それは出来上がってみれば、どうってことのないスクリプトであった。innerHTMLの利用を思いつくまでの煩悶はまるで嘘のようだ。
 しかし今回のチャレンジの中で、改行コードの扱いについて悩んだことは貴重な経験となった。また、ネットサーフィンで答えが直接得られることに期待を掛けすぎたことも反省点である。
 筋道を立てて具体的に考えれば、自ずから解決策が見えてくる場合もある、ということだろう。

エントリイの最初の200文字をタイトルmouseoverでpopupする

 <!--index_area-->ブロック変数による独自の表紙頁を作り、まずは最近のエントリイのタイトルリストを掲載した。ここにおいて、悩ましかったのはタイトルを見てちょっと興味を持った場合に、タイトルをクリックしてエントリイを実際に開くまでもなく、エントリイの一部を閲覧させることは出来ないか、という点であった。

-------完成図---------
EntryTitlePopup.jpg
タイトルonmouseover状態で白いpopup窓が表示されている。
-----------------------


 最も簡単な方法は、title属性を使うことであることは言を待たない。しかも、最初の200文字を抜粋する<%topentry_discription>という便利な単変数も用意されている。
 実際、title属性を利用したpopupは、リンクタグの属性値として、title="<%topentry_discription>"と記述するだけで、mouseover時にpopup表示が出来るので、fc2Blogの様々なテンプレートでふんだんに活用されている。
 しかし、title属性によるpopupは、(1)Gekkoエンジンブラウザの場合には一行しか表示されない、(2)全てのブラウザにおいて一定の時間が経過すると消えてしまう、という短所、限界がある。popupされた文字をじっくり読もうと思っても、ユーザーを待つことなく冷酷に勝手に消えてしまうpopupは余りに不親切であり、また煩わしい。読み切ることが出来ないpopupならば、いっそない方がすっきりするというものだ。
 そこで、この不親切なtitle属性は使わず、mouseoutしない限り消えることがなく、popup幅も位置もコントロール出来るエントリイ部分きりだしpopupをJavascriptで作ろうと考えた。
 -----------------------------
 さて、昨晩そう思ったときには、数時間もあれば直ぐに完成するだろうと踏んでいた。
 ところが、ところがである。このスクリプト作成は私にとっては初めての難題を孕んでいたのだった。
 それは、HTMLから取得したい文字列内に改行コードがある場合の、当該文字列の取得方法を知らなかったこと、これである。 関数の引数として<%topentry_discription>を与えて、popup用の関数で表示すればよいと簡単に考えていた。だから直ぐに出来上がると思いこんでいた。しかし、<%topentry_discription>内には、一般に改行コードが入っている場合が多々あり、その場合にはスクリプトエラーとなってしまうのだ。当然目的としたpopupはうんとも寸とも言わない。
 所期の関数が一切機能しないのである。
 -----------------------------
 改行コード(改行タグではない)が入っている文字列のJavascriptへの引き渡し───この問題にはこれまで遭遇することがなかった。かくしてジャバスクリプト関連サイトのサーフィンを開始したのだ。半日以上掛けて・・・。
 しかし、結局目的とするサイトは発見できず(Google による検索方法が不適切だったのだろう)、夕食を前に疲れ切り、諦念が湧き上がってきた。
 そんな状況の中でふと閃いたのだ。innerHTMLがあるではないか!どうして思いつかなかったのだ。これを活用して何とか出来ないか。!!

この続きを読む

top頁のエントリイタイトル一覧作成について

 <!--index_area-->ブロック変数を使ってトップページを表紙的に扱いたいと思い、最近のエントリイのタイトルだけを一覧にしてみた。ここではそのHTMLとCSSについてまとめておきたい。
 まさしく一覧であるからHTMLタグはコンテンツにふさわしいようにul-liを使い、その中のaタグをdisplay:blockに指定し、かつそのwidthを100%にして、当該行内・文字外のmouseoverでもハイライトするようにした。
 ところが、IEではLIタグ又はその中の任意のタグにおいてwidth値が宣言されていると、リストマークが当該行の最下部に来てしまうという奇妙なバグがある。(Internet Explorer (Windows) CSSバグリスト
 そこでバグ対策を施す羽目に陥った。
 対策としては、画像も含めてリストマークはバグによって落ちてしまうから、リストマークそのものを使用しない何らかの手法を使うしか手はない。そこでリストマークとすべき画像をLIタグの背景画像として指定し、その位置をtop&leftとすることによって、その背景画像をリストマークのように扱い、その位置も当該行の左上端部に配置することが出来た。

この続きを読む

新設されたエリア変数についての或る推測

 誰からも、何も音沙汰がないので推測するしかないのだ。甘えずに自力で解明しろってか?!(苦笑)
■<!--index_area-->
 index頁、あるいはTop頁と呼ばれているサイト最初の画面(http://userid.blog1.fc2.com/)を指しているのだろう。表紙にも出来るし、その月のエントリイタイトル一覧やカテゴリイ別タイトル一覧を並べても良いだろう。
■<!--permanent_area-->
 「(blog-entry-x.html)に移ったときに表示するブロック」との説明がある。つまり個別のエントリイを表示する場合に使うのだろう。
■<!--date_area-->
 「日付表示画面(blog-date-x.html)に移ったときに表示するブロック」とある。アーカイブを月別に表示する場合に使うのだろう。
■<!--category_area-->
 これはカテゴリイ別エントリイ一覧を表示する場合だろう。
■<!--search_area-->
 「検索画面(?q=xxx)の時に表示するブロック」とあるが、自ブログ内検索を掛けた結果を表示するための変数か?

GWの或る過ごし方

 最大10連休となる今年のGW。
 旅行に、グルメに、登山に、勉学に、とそれぞれの過ごし方があるだろう。
 2日は出勤するので前半3連休、後半6連休に分断されるのだが、さてこの9日間で次のことを行おうと考えている。
  1. 前半は階層付きテキストをXHTML化する秀丸マクロの更なる改訂である。
  2. 後半はその完成したマクロを使って、これまでの自分のサイトを可能な限りXHTML化する。

「創作四字熟語」の大先輩サイト発見

 創作四字熟語用のエントリイを作ったのは4ヶ月前だった。一時は岩波『四字熟語辞典』と格闘して「創作」活動にいそしんだこともあったが、忙しさの中で次第に熱が冷めてしまったのか、最近は全くご無沙汰だった。
 しかし、アクセスログを頼りに、ひょんなことから創作四字熟語サイトに遭遇し、何と1997年に開設されたサイトであることを知った。

「笑楽笑歌 しょうがくしょうか ・川柳や替え歌などの楽しく笑える歌のこと。」

などなかなかのできではないかと思う。
 ───大先輩サイトに対して、僭越ながらここに深甚の敬意を表すると共に、[diresu21]さんが主催している「四/字/語/塾」共々、奮闘を期待したい。

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

201002071218
200712032317
200705042029
200704291201
200704260112
200704231452
200510151156
200510101711
200507171105
200507130140
200507120215
200506201954
200506080051
200506071210
200506042312
200506041924
200506041448
200505312349
200504291216
200504280218