02 | 2007/03 |  04

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!


Javascriptで表引きをしたい!

それは可能か?

「Javascript 表引き」でグーグってみたが、それらしいサイトは発見できなかった。

そもそもJavascriptで、表計算ソフトやデータベースソフトのような表引きを実現することは出来るのだろうか?

それが知りたい。

匿名さんからコメントを戴き、早速試してみた。

その結果、確かにエクセルブックを見事に取り込み、Javascriptによるスプレッドシートが完成した。設定した関数は見事に機能したし、念願の表引きも機能した。フォント設定や背景色も忠実に反映された。

しかし、入力規則は全く反映されないし、行を越えたセル結合が出来ない、等の不完全さがあり、結局は読み込んだままで即使用可能とはならなかった。かなり限界がある、と言うのが正直なところだ。

それでもなお、一からJavascriptで組むことを考えたら、天と地の差がある。Google SpreadSheetはエクセル表計算の有り様を、相当程度反映させることが出来る点において、秀逸であることは間違いない。

入力規則については、SpreadSheet上でフォームを作成することで代替が可能なのかどうか分からないが、何らかの手があるのかも知れない・・・。

万葉倶楽部再訪

関連エントリイ in this Blog

2007年3月9日、万葉倶楽部を再訪した。これで4度目のリラクゼーションだが、ここは何度行っても至福の寛ぎを堪能出来る場所だ。

昨日は余り来訪者は多くなかったようで風呂は広々とゆったりと入ることが出来た。屋上の足湯はこの時期には流石に大変寒く、長時間の眺望を楽しむことは不可能だが、それでも夜景の素晴らしさは絶品である。

その夜景を拙い写真であるが掲載しておきたい。

My携帯内蔵カメラには、最近のデジカメでは当たり前になった「手ぶれ防止」機能は付いていない。そして寒風吹きすさぶ中での夜景の撮影は大変厳しい。このため撮影した半数は見るに堪えないものとなってしまったが、何とか見られるものを敢えて掲載する愚を犯してみたい。

ここに、敢えて決して鑑賞に堪えられない写真を掲載する愚を犯すのは、万葉倶楽部を宣伝する意図ではないし、もちろん何らかの報酬を得てこのエントリイを書いている訳でもない。ただ、ただその素晴らしさに感服しているからである。

みなとみらい21地区の航空写真
闇に輝く観覧車。観覧車越しに透けてランドマークタワーが見える。
観覧車とクィーンズタワー
海を望む。手前に光っているのは足湯

1/f揺らぎと日本語・自然の音

1/f揺らぎ

テレビ朝日の「素敵な宇宙船地球号 ▽日本人の知られざる能力▽音色に隠されたゆらぎの謎▽除夜の鐘の秘密」を見た。

自然の音を快感と感じる日本人独特の感性に関する、つまり日本人の大脳の特徴についての、実に興味深い番組であった。

まず、その中で語られた「1/fゆらぎ」は、余りにも有名な心地よさのシンボルだ。

  • ゆらぎとは、ものの空間的、時間的変化や動きが、部分的に不規則な様子ともいえますね。ゆらぎは、世に存在するすべてのものに表れます。例えば、風は突然吹いて、そして突然止まることもあります。風は不規則な動き、いわばゆらぎの代表格の1つです。(← F分の1ゆらぎの謎にせまる
  • 人の心拍の間隔や、ろうそくの炎の揺れ方、電車の揺れ、小川のせせらぐ音、アルファ波、目の動き方、木漏れ日、物性的には金属の抵抗、ネットワーク情報流、ラジオ体操、蛍の光り方などに1/fゆらぎが発見されていると言われている。(←1/fゆらぎ - Wikipedia

元来1/fとは、出力が周波数=frequencyに反比例する現象から「1/f」と名付けられたようだが、その発生メカニズムは未だ分かっていないらしい。(1/fゆらぎ - Wikipedia) 周波数の大きな高い音は小さく揺らぎ、それが小さい低い音は大きく揺らぐ───それが1/f揺らぎであり、それが生命にとって心地よく感じられるらしい。

1/f揺らぎは生命に快感を与える

その理由は生態の神経細胞の電気信号の発射間隔が1/f揺らぎを有しているらしく、それ故に1/fが心地よく感じられるようだ(←F分の1ゆらぎの謎にせまる

すてきな宇宙船地球号が興味深かったのは、この心地よさの拠って来たる原因を大脳に着目することにより説明したことだ。

欧米人は虫の音を聞いても音感を司る右脳が活性化し、それを雑音としか捉えないが、日本人は何と左脳で虫の音を聞く、というのだ。日本人は虫の音を聞くと、音を司る右脳ではなく言語や論理的思考を司る左脳が活性化するというのだ。それは実験結果をを示して論証していた。(まさかこれは「あるある・・」のようなでっち上げややらせとは思えない。)

更に「・・・地球号は」そうなる理由として日本語の独自性を主張した。

欧米言語は子音主体の言語だが日本語は相対的に母音が多い。この母音こそが自然界の心地よい音色と同等の性質を持っているが故に、日本人は自然界の様々な音を、欧米人のように単なる機械的な音としてではなく、意味のある心地よい言語として聞く───番組はそう説明した。

この説明は大変説得力があり、真実を突いていると思う。だから、日本人である芭蕉は、蝉の声を岩に染み入ると感じ取り、そこに喧噪ではなく静かさを捉え、かくして1/f揺らぎの快感を17文字に凝集したのだろう。

    久しぶりの投稿。

    一週間ぶりの投稿になる。UBCDやBartPEに没入して2ヶ月。ちょっと疲れた。それらについて日々探求し、模索していた日々が懐かしくもあり、またそれからの解放が嬉しくもある。そんな毎日である。

    中休みとも言えるかもしれない。毎日毎日、プラグインやBuild方法を模索することに、ちょっと飽き飽きしたとも言えるだろう。

    いずれにせよ、ひとまず中断だ。

    次に行うべきこと、やりたいことは、My Javascript 文の全面的改訂作業である。

    Operaやsafariで閲覧してくれている場合には、おそらく適正にスクリプトが作動しないことがあると思っている。それを改訂するには、根本からスクリプトを見直す必要があると考えているのだ。

    それにいつから着手するか、ゴールデンウィークを挟む期間あたりをねらって作業するか、あるいはそのような長期埋没型ではなく、日々数時間の作業の連続の繰り返しで事を成し遂げるか、いずれにするかさえ、まだ検討すらしてないが、一両日で終えられることではないので、長期戦を覚悟せねばならない。

       90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

       多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
      文字コードを選べないのが欠点。

       StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

       クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

       起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

       ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

       無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

       画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

       複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
      (以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

       Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

       キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

       画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

       名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

       ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

       AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

       IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

       利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

       WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

       自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

       DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。