04 | 2008/05 |  06

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山田太一作品についての断章

2008/5/28 21時から23時過ぎ迄放映された「本当と嘘とテキーラ」を見て、まずCMの頻度の多さに怒りを覚えた

久しぶりの山田太一作品だった。

そしてほぼ10分間隔で挿入されるCMに頭に来て、NHKと切り替えながらの鑑賞だった。

民放のそれなりに力の入ったドラマを見る度に思うのだが、CMはドラマの流れを唐突に遮断し、鑑賞を妨げることこの上ない。そして今回の12chのそれは余りにも酷かった。

頻繁に挿入されるCMがドラマ作品鑑賞の興を半減させた。それは苛立ちを覚えるほどだった。

あのようなやり方は作者に失礼だと思うが、今の日本のドラマ放映状況下では、そんなことに注文を付ける作家はおそらく活躍の場がなくなるだろう。

つまり、あの夥しいCMの頻度を山田氏も知っての上の放映だったのだろう。

かつて、民放は昭和天皇死去の際にCMを遮断した報道を行った。

しかし、いかに力を入れたドラマだからと言って、その組織の成立基盤そのものであるCMを遮断することは、今の放送システムではあり得ないことなのだろう。

そのことがドラマ鑑賞に如何に災いとなろうとも、そんなことは関係ない。

視聴率が取れなければ、どんな素晴らしいドラマであったとしても放映する意味がない

それが民放資本の冷厳な論理でだろう。

それにしても今回のそれは余りに酷かった。12chの良識が問われる放映だった。

しかも、ドラマ鑑賞を阻害したCMはその一つとして記憶に残らなかったし、邪魔なだけの存在として毛嫌いされることによって、その効果を台無しにしたと思う。ざまぁ見ろ、と言いたい。

CMがその頻度故に効果を激減させることをCM提供会社は知るべきだ。

▲ToTop

「本当と嘘とテキーラ」について

そのあらすじを述べるつもりはないし、必要もない。

上で述べた頻繁に中断を強いるCMによって苛立ちを誘発されたとは言え、それなりの感動をもたらした、と記しておこう。

扱っているテーマはそれなりに真実を突いていたし、主人公の一人である中学生の演技に深みがなかったとしても、その責めを負う必要はないだろう。極めて難しい役割だったが故に、それをきちんとこなせる10代の女優がいるとは思えないからだ。

一方、娘が自殺した母親役は余りにも「作られすぎて」いた。リアリティがない。冷静と怒りの振幅の大きさにリアリティがない。演技としての振幅はあったので演じた女優に責はない。そのキャラクタ設定に無理があると言えるだろう。

ドラマは架空の存在と世界であり、それ故に抽象の具現としてぎこちないこともあろう。

しかし、ドラマツルギーとして必要にして不可欠な役割だったとしても、樋口可南子が演じた母親役は余りに嘘っぽかった。

それ故に、問題が霧散してしまったと言える。

▲ToTop

いくつかの作品について

山田太一氏のドラマは好んでみているつもりだ。

古くは「男たちの旅路」に始まる彼の作品は、空騒ぎだけの空虚なドラマが蔓延し、世俗的な推理小説の映像化が蔓延るドラマ界にあって、一抹の清涼飲料として希少価値がある。

その作品は時々の世相を反映した人間の苦悩や喜びや、悲しみや怒りを巧みにドラマ化している。

「小さな一歩」や「シルバーシート」は今もキラリと輝く作品だし、その後のいくつかの民放作品も決して堕落はしていない。今回の作品も含めて!

しかし、リアリティと言う点では、近年ますます希薄になっているのではないだろうか。

それはおそらく新自由主義が蔓延し、自己責任論が大手を振って闊歩し、憲法改正が公然と叫ばれてきた「時代」とのギャップなのかもしれない。

20年以上掛けて日本の総資本が到達し、突き進んでいるところのグローバリズム思想が支配的思想として蔓延する世界においては、人間の真実の声を描く作品はその放映そのものさえ苦労するのかも知れない、と思う。

CMでズタズタにされてもなお、それに甘んじるしかないドラマ放映の現状が見えてくる。

小説について

本質

▲ToTop



・・・・・

スポンサーサイト

NIS2007 エラー対策に手こずる!解決はしたが後味は極めて悪い!

それはあるエラーの出現とそれへの対処から始まった

事の発端は、過去のEntry(Norton AntiVirus 2007 において頻繁に「Auot-Protectに予想外のエラー発生」問題解決奮闘記)でかなり詳しく触れました。

その概要は、以下の通りでした。

まず(1)「ccApp.exe を msconfig リスト上で Off にするだけではなく、スタートアップフォルダに ccApp.exe を登録して、パソコン起動時に自動起動させる」方法により、取りあえずエラー警告を発しない状態が保たれ問題が解決しました。正確に言えば解決したはずでした。

しかし、その後再起動してみると自動的にスタートアップフォルダの ccApp が削除され、Offにしたレジストリイキーの ccApp がオンになってしまい、再びエラー警告が発せられてしまいました。

そこで、何回か (1) の行為を繰り返し、騙し騙し NIS 2007 を使ってきました。

こうして「過去のEntry」の締めくくりには「その後の現象と最終解決」と題して(1)の解決策で問題が解決したと記しました。

しかしその後に再びエラー発生! やむなくアンインストール

しかしながら、その後も何度も「Auot-Protectに予想外のエラー発生」が繰り返されるため、やむなく NIS2007 のアンインストールを行うことを決めました。

そしてそのアンインストールを「プログラムの追加と削除」ではなく、Symantec社が推奨する方法で行ってみました。その方法とは Norton_Removal_Tool.exe をダウンロードして実行するものです。

さて Norton_Removal_Tool.exe を実行した後に再起動を掛け、NIS2007 をインストールしてみたのですが、それでもなお警告が多発してしまいました。

しかも、今度は「Auot-Protectに予想外のエラー発生」だけではなく、フィッシング対策停止などの新たなエラー警告も追加される始末です。

各エラー毎のメッセージダイアログ内に表示される「こちらを参照」なるSymantecサイトを開き、その指示に従って色々行ってみましたが、一向に問題は解決しませんでした。

▲ToTop

再びNIS2007をアンインストールし、再度インストールし直す

そこで今度は「プログラムの追加と削除」からNIS2007をアンインストールし、再起動後に改めてNIS2007をインストールしてみました。

その結果やっと全ての警告が発せられなくなり、問題の解決に至ったのです。

結果的に言えることは、最初から原始的な方法を履行していれば、この問題への対応に日曜日一日を消費させられることはなかった、ということです。

何でこんなことに時間と労力を費やされねばならないのか!

NIS2007の警告多発により、ネット検索やら文書作成やらブログ投稿等々、通常のパソコンの使い方が長い間阻害され続けてきました。

NIS2007警告解消に追われた日々は、パソコンを使うのではなく、パソコンに踊らされ、酷使される奴隷的な時間が流れ、ブログ投稿どころではありませんでした。

何でこんなことに貴重な時間を消費しなければならないのか、───問題が解決した後に、改めて沸々と怒りが湧いてきたことは言うまでもありません。

修復のためにユーザーに多大な時間と労力を強いるアプリケーションは決してフレンドリーではないし、製品として問題がある、と言わざるを得ません。

1TBのハードディスクが3万円台!───SourceNext

その安さに驚いた!

1TBで3万円台のハードディスクが販売されている。

実は10日程前にジャスト3万円で同一の製品が販売されていたのだが、その販売期間は極めて限定されていて、迷っている内にその期限が過ぎてしまった。

惜しいことをしたと後悔していた矢先に、再び1TBハードディスク販売ニュースが届いたのだ。先の勧誘メールよりも若干高価になっていたが、その価格は3万円+千円ちょっと。───From SourceNext

今買わなければ二度と同様のチャンスはないだろう。既に我がハードディスクは満杯状態なので、何らかの追加 HD が早急に必要な状況にある今、このチャンスは逃すべきではない!

そう思って今度こそ申し込んだのであった。

本来・・・

バックアップやデータの消失危険を考慮すれば基本的に言えば、RAID5 規格のHDにすべきである。そのことは重々分かっているが、その規格のHDはまだまだ高い。

財布と相談すればRAID5の1TBディスクはとても買えない。だとすれば万が一消えても仕方ないデータを保存するか、あるいはRAID1の設定をして500MBのハードディスクとして利用する方法もある。

こう判断して購入に踏み切ったのではあった。

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。