03 | 2017/04 |  05

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

大画面、高解像度WUXGA(1920×1200)ディスプレイを求める。しかし発送は事前準備不足で遅延する!!(^_^;)\('_') オイオイ、チョットマテ

 エクセルを開きながら計算し、Googleで検索を掛け、それらの結果をワードで文章にまとめる───このような作業は日常的に発生する。
 その場合、それぞれのアプリケーションを最大化表示した上で、様々な方法でアプリを切り替えながら作業を進行させることが一般的だ。
 さて、このような方法の場合、切り替え作業の繁雑さから免れることは出来ないし、同時に見比べながら作業を行おうとすれば、否応なくそれぞれのアプリのWindowを小さくして、ディスプレイ上に並べて比較平行閲覧することになる。
 ところがそうするとそれぞれのWindowが小さくて、必要な情報を得るために今度はスクロールを強いられる。複数のエクセルブックを開き、更に複数のシートを比較しながらリンクを相互に貼る場合などには、大変なストレスを強いられることになる。


 だからこそ大画面ディスプレイの必要性を前から痛感していた。そして液晶ディスプレイはこの一年で破格の価格破壊を起こしていた。


 そこに、例によって例のごとくのDELLによるキャンペーンにおいて、15万円以上の24インチワイドディスプレイ(max1920×1200 の巨大エリア表示が可能)が、10万円を切るダウンプライスで販売されていることを知った。
 これで飛びつかなければ、何のための人生か?!?!(爆笑)───念のために最寄りのDELL製品展示販売店に駆けつけて実物を観察した上で、オンラインショッピングで購入するまでに、ものの数時間と掛からなかったことは言うまでもない。


 1920×1200=960×1200+960×1200 であるから、A4サイズのコンテンツを左右に分けて同時に表示し、比較しながら編集できるし、ブラウザSleipnir2はこれを複数起動させ、左右のブラウジング画面で異なるサイトを平行して閲覧することも出来るだろう。
 もちろん、960×600サイズのWindowを4つ展開して、同時に比較閲覧しながら作業を進めることにも、何のストレスもないだろう。


--------------------------------------------------------


 4月20日次のようなメールがDELL社から届いた。要は発送遅延に関する詫び状である。


お客様各位

拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度は弊社製品をご注文いただき、誠にありがとうございました。

さて、先般ご注文いただきました『デル デジタルハイエンドシリーズ 2407WFP HAS 24インチワイドモニタ』は大変ご好評を頂いておりますが、製品の製造準備に遅延が発生した関係で、お客様へのお届けが通常の期限より遅れて、5月中旬になることが明らかになりました。

納期の遅れにより、お客様にご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。
弊社では、製品の早期発送に向けて全力をあげておりますが、事情ご賢察の上、ご容赦賜りますようお願い申し上げます。

 「製品の製造準備に遅延が発生した関係で」遅延する、つまり、「沢山の注文が殺到した」からではなく、事前準備に遅延が生じたから、「受注前段階で粗相があった」から遅れるという。
 これって、一遍のメールでお詫びして済むことなの???
 注文が殺到して生産が間に合わないから遅延すると言うのなら分かるが、準備不足だったから遅れる、というのは社内事情であって100%注文とは関係ない。 「準備不足だったので遅れるけど許して・・・」とは、あまりにも「ユーザーに甘えている」と言わざるを得ない。しかも「事情推察の上」と言われたって、事前準備を起因とする遅延に対して、一体どのように事情を推察しろと言うのか? そんな事情を推察できるわけはないではないか!!!

 『日経パソコン』調査による「サポート日本一」から2年前に転落したDELLであるが、この不始末は何たるザマか!「ブルータスよお前もか?」ではなく「件のごとし」ということか?!
 厳しく指弾したいのは私だけではあるまい。
 まさかこの上、耐震強度偽装マンションのように「易かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」にならないことを切望したい。
 また、以後は、DELL社製品の購入は慎重にならざるを得まい。

 

● コメント ●

実は未だ納品されていないのです。 (hkom)

 コメントありがとうございます。
 1920×1200ディスプレイは既に注文済みで、近日中には自宅に届く予定になっていますが、実はまだ利用してないのです。それでタイトルは「求む」としました。
--------------------------------------------------------
 大画面を快適に見るには、まずグラフィックアクセラレータ(GA)が問題となり、当該サイズに対応したGAでないと、ディスプレイに表示能力はあっても、実際の表示はGAが対応しているサイズにしかならないようです。
 次に、表示能力としてGAが対応しているとして、快適・高速に表示するためにメモリがどの程度影響するのか、その辺りは不勉強で未解明です。1GBで足りるかも知れないし、足りないかも知れません。しかし、最低でも1GBは必要となると思っています。参考になったかどうか分かりませんが、とりあえずの回答です。
 因みに、現在の自宅PC環境は WindowsXP PentiumⅣ 2.8GHz HDは120GB+120GB+250GBで、メモリは1GB搭載しています。
 蛇足ながらSleipnir2への乗り換えを強くお勧めします。起動も早くなりましたし、全体の性能が向上してますよ!

● コメント ●

 (hiro)

Sleipnir1使用ですがどうもスムーズに動きません
メモリーが少なすぎるのだと思いますがおっしゃられるように使用するにはメモリーはいくら入れられていますか?

大画面いいですね、今はノートですので使い勝手が悪いです。
デスクトップPCが欲しいです。

■ コメントの投稿 ■

管理者にだけ表示を許可する

●トラックバック●

■トラックバックURLはこちら■
http://hkom.blog1.fc2.com/tb.php/361-e768b902

●参照元一覧●

<provided Fc2>
<provided i2i>

▲ToTop

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
200604210002
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。