09 | 2017/10 |  11

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

UBCD4Win(UltimateBootCD)をビルドしてみた

Ultimate Boot CD for Windows Version 3.03

標記ソフトの Released:1/4/07 最新版をダウンロードし、BartPEと組み合わせようとしてみた。PC Japan2005年12月号に記載された『PE Builder+UBCD4Winで作る超多機能レスキューCD』を読んで、チャレンジしようと思ったからである。

この記事は1年以上も前のものなので、"分進秒歩"のIT界では一昔前のことであり、果たして記事の記述通りに履行できるか定かではなかったが、とりあえず記事のママに「BartPEにUBCDを組み込む」作業を行い、結果をVirtualPCで確認してみた。

build作業中エラーは出なかったし、VlPC上でも問題なく起動を始めてくれたときには、おっ!成功したかな?!と小喜びした。事前にBartPEのpluginフォルダからUBCDのpluginフォルダに自分が必要と思われるPlug-inファイルを追加しておいたのだが、それも問題なく組み込んでくれたかな?と期待しながらVlPC上に展開しているBartPEを調べたのである。

すると、UBCDに入っている筈の沢山のアプリがスタート→プログラムと辿っても全くリストアップされない。そこにあるのは昨日迄に完成したBartPEに盛り込まれたアプリだけであり、Ultimateならぬ「Uso」BCDになってしまったのだ(苦笑)。

その原因はいくつかあるが、確実に言えることは1年前と異なりUBCD4Winが単独でビルトアップするべきアプリケーションとして配布されていることにあり、それが判明したのは上述したの作業後であった。

そもそも展開した UBCD4Win には UBCD4WinBuilder.exe が同梱されており、BartPE でビルトする前にこれは何かな?と疑問に思った。上記の失敗作業を終えてから改めて UBCD4Win サイトをよく調べてみたら、このbuilderを使ってビルトアップするように書かれているではないか! しかもご丁寧なことに、UBCD4Winのインストール時点でインストール先のフォルダが空であるかどうかをチェックし、何かファイルがあるとUBCD4WinBuilder.exeがインストール先フォルダに展開されないという念の入れようなのだ(これまでの UBCD4Win のインストールは、偶々PC Japanの記事とは無関係に空のフォルダに行ったのでエラーが不幸にも出なかった。先にBartPEをインストールしていたらエラーが出て、記事通りではないことに気がついた筈なのだが・・・)。

BartPEにUBCDを組み込むのではなく、逆にUBCDにBartPEのPlug-inを改変して追加すべきなのだ

そういうことなのである。当然と言えば当然の結果として納得できることであるが、1年の時の経過が事態を逆転させてしまったようだ。1年前にはBartPEに関心がなかったから当時の UBCD4WinVer2.55がどんな内容で配布されていたのか知る由もないが、要は 最新版であるVer3.03のUBCD4WinBuilder.exe は UBCD用に改変された BartPE なのだ。例えばpluginフォルダ内に nu2menu フォルダが存在していないことがそれを象徴している。

従って先ず行うべきことは、素のママのUBCD4Winをインストールした後に手を加えずにビルドしてみることである。

素のママのUBCD4Winをビルドしてみた

勿論日本語は使えないが、確かに沢山のアプリケーションが搭載されているのには驚く。以下にスクリーンショットを掲載してみる。

     

しかし、上の絵のように文字化けが激しく、素のママではとても使えないことが判明した。つまり PE builder の日本語化作業と同様のことを UBCD4Win に施さない限り実用に供せないのだ。今の私の力では、素の UBCD 上で日本語が使えるようにするプラグインの開発などとてもできないので、結局は元に戻ることになる。つまり、PEbuilder上にUBCDの各種アプリとドライバをプラグインとして組み込まざるをえない。

UBCD4Winはそれ自体でマルチブータブルになっており、一発のビルドでそこまで出来てしまうことはBart's PE builderよりも素晴らしいが、一旦PEbuilderで UBCD4Winに添付されている各種ソフトとドライバを取り込んでビルドした後に、別途マルチブータブルディスクを作成することは可能なので、2つの行程に分けざるを得まい。

但しその場合、UBCD4Winのプラグインはそのままでは使えない。日本語が使える環境下にあるBartPE上において、各種プラグインアプリケーションがスタートメニューに表示されるよう、ubcd附属プラグインファイルを改変せざるを得ないだろう。一括置換によりそれを行うことが可能ならば余り複雑なことではないが、秀丸で複数のテキストファイルの一括置換は出来たかしら?

 

■ コメントの投稿 ■

管理者にだけ表示を許可する

●トラックバック●

■トラックバックURLはこちら■
http://hkom.blog1.fc2.com/tb.php/468-ff0ef1a6

●参照元一覧●

<provided Fc2>
<provided i2i>

▲ToTop

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
200701220107
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。