10 | 2017/11 |  12

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

ファイル置き場と Ajax 通信を活用して、任意のFc2ブログから情報を得る

  • 2008/3/12 : 初稿
  • 2008/7/9 : コードの抜本改訂とファイル置き場利用版up
  • 2008/7/12 : Ajax 通信関連部分を更に抜本改正
  • 2008/7/20 : Ajax 通信関連部分で確実性を更に向上(ここで Ajax 関連コードは完成し、これ以降はあれこれのユーザビリティの向上対策を施した。)
  • 2008/7/21 : id 及び class 名称を他の Fc2 ブログで使われていないと推定される固有のものに変更
  • 2008/8/12 : 各 Ajax 通信所要時間を記録し閲覧できるように変更。このプロジェクトの削除(関連cssファイルやjsファイルの登録削除)と隠蔽(単にpopup小窓を隠すだけ)を分け、各ボタンを配置。
  • 2008/8/14 : responseText の 文字化け対策として、或る <meta/> タグを追加するように変更

他ブログ上での Ajax 通信をついに実現( 2008/7/9 記 )

上の関連エントリイでつらつらと述べてきた課題──すなわち他の任意のFc2ブログサイト上において、ブックマークレットによって必要なスクリプトをインクルードし、当該スクリプトによる Ajax 通信によって当該ブログの情報を取得し、それを当該ブログ上に表示する──が、やっと解決しました。( 8/12 完結 )

上記 「 Related Entries in this Blog 」 の No1エントリイで計画したことが、No.2 エントリイで述べた、過去/未来/最新エントリイタイトル取得/表示を行う Ajax 通信の成功と、No.3 とNo.4 エントリイで述べたファイル置き場問題の解決によって実現したのです。

何はさておき、結果を画像で紹介することが最も分かりやすいでしょう。( 2008/8/14 追記 )

サンプル 1【 Fc2総合インフォメーションブログ 】

下の画像は、Fc2総合インフォメーションブログ上でこのプロジェクトを実行した際の表示結果抜粋です。

Fc2 総合インフォメーションブログ上で Ajax 通信によって最新/以前/以後エントリイのタイトル情報などを取得した結果を示すサンプル画像 1
サンプル 2【 関西ZIGZAG 】

下の画像は、人気ブログ「 関西 ZIGAZAG 」ブログ上でこのプロジェクトを実行した際の表示結果の抜粋です。

関西 ZIGAZAG ブログ上で Ajax 通信によって最新/以前/以後エントリイのタイトル情報などを取得した結果を示すサンプル画像 2
サンプル 3【 FCafe 】

下の画像は、自ブログ開設時からお世話になってきたサイト上でこのプロジェクトを実行した際の表示結果の抜粋を示すものです。

FCafe ブログ上で Ajax 通信によって最新/以前/以後エントリイのタイトル情報などを取得した結果を示すサンプル画像 3

今回のプロジェクト「Fc2ブログ エントリイ情報取得」の概要

今回作成したコード群は、任意の Fc2 ブログ上で jQuery を活用してエントリイタイトル等を取得するツールです。また併せて jQuery.js と ( Firefox 以外の browser の場合には )firebugLite もインクルードするようにしたので、IE や Opera などにおいても jQuery と firebugLite を使用し、スクリプトテストや DOM 操作を行うことも可能としました。

つまり、或る Fc2 ブログサイトの、或る個別エントリイ頁を開いた状態でブックマークを起動すれば、以前、最新及び以後の各 10 個のエントリイに係る諸情報(具体的にはタイトル、Entry番号、投稿日など)が閲覧できると共に、そのページ上で jQuery.js と firebugLite.js を使って Javascript コードの実行が出来るわけです。

プロジェクトのファイル構成( 2008/7/9 記 )

コード群はブックマークレットを含めて以下の6つから構成されます。

  1. ブックマークレット……次の setjQnFbug_getFc2EnTts.js を登録するため
  2. スクリプト登録用JSファイル( setjQnFbug_getFc2EnTts.js )……今回のプロジェクト実行に必要な以下の 4 つの全てのファイルを、今閲覧中の任意の Fc2 サイトのHTML文のヘッダー部に登録するための、短い Javascript コードファイル
  3. 上の 2. のファイルで登録するファイルは以下の 4 つです。
    1. jQuery.js、
    2. firebug.js、
    3. getFc2EntryTitles-gp.js( Ajax 通信用オリジナルJSファイル)
    4. getFc2EntryTitles-gp.css(通信結果表示用オリジナルスタイルシート……Ajax通信結果を固有に用意した絶対配置要素内で表示させるために、各ブログに依存しない固有のスタイルシートを用意)

ここに、このプロジェクトでは Ajax 通信処理をはじめとして、随所に jQuery.js を多用したコードを記述し実行しているため、jQuery.js が組み込まれていないブログの場合も想定し(大多数は組み込まれていないと思われる)、なければそれをインクルードするようにしました。

また firebugLite も組み込むようにしたので、IE や Opera 上でも Javascript のテストが容易に出来るようにしました。

以上により、Fc2のブログであれば何であれ、個別エントリイ表示モードの場合において、jQuery を活用して Ajax 通信を行い、エントリイタイトル情報を取得すると共に、firebugLite を使った Javascript の走行テストが出来るようにしました。

▲ToTop

ファイル置き場は Google Page を活用( 2008/7/9 記 )

ファイル置き場に出来るかも知れない、と考えた Just Sysytem 社のインターネットディスクは、同社への問い合わせの結果、使えないことが判明しました。また SONY の WebPocket にも問い合わせましたが、こちらも駄目でした。

有料なのに、それでもなお、ファイル置き場を認めない理由は全く理解できません。

確かに「 アクセスが集中する、ウィルスファイルを置かれる可能性も否定できないから踏み台とされる、つまりサービスの利用よりも悪用に手を貸すことになる 」等の否定的な側面が懸念されます。そしてこの懸念から解放されるためには、ファイル置き場を認めないことが安易な方法なのでしょう。

───と、いくら批判し、嘆いていても仕方ないので、調べた中で、無料で容易にファイル置き場として利用できる Google Page ウェブサイトを活用することにしました。Google page 上にマイページを立ち上げ、そこに上記 6 つのファイルの内ブックマークレットを除く 5 つのファイルを GooglePage サイトに upload し、自作ブックマークレットを作動させてその稼働を半年以上に渡って確認しています。

※ この少し下に成功したブックマークレットを置きました。

このプロジェクトの利用方法( 2008/3/12 記 )

ブックマークレット

以下のブックマークレットを(ブックマーク又はお気に入りに登録し)クリックすれば、関連する JS ファイルや CSS ファイルが head タグ内に追加され、固有の絶対配置要素が画面上部に表示されます。FireFox 、 Opera 及び IE7 で動作確認済みです。

後は Before・・・、Recent・・・、After・・・ などのボタンをクリックすれば、所定の情報が絶対配置要素内に表示されます。

Ajax 通信をやり直すボタン( ReLoad Data ボタン )や、Ajax 通信に要した時間を知ることが出来るような Log 閲覧ボタンも設置しました。また、結果を表示する小窓が邪魔になったら、隠蔽することも出来るし、ブックマークレットによってインクルードした関連スクリプト・cssファイルを削除するボタンも設置しました(但し jQuery.js と firebug.js は残すようにしました)。

こうして、Ajax通信結果を示す小窓が邪魔になったら隠蔽し、ブックマークレットを再起動すれば、隠蔽直前の状態で小窓が復帰するようにすると共に(Ajax 通信結果は閲覧中の頁がリロードされない限りメモリ上に残る仕様としたのです)、インクルードファイルが邪魔になったら簡単に剥離・削除出来る仕様にしました。

次のブックマークレットをお気に入りに登録すれば、今回のプロジェクトを任意の Fc2 ブログサイトで共通して使うことが出来ます。また、単に以下のブックマークレットをクリックするだけでも、今ご覧戴いているこのエントリイを対象としてブックマークレットを利用できます。

このプロジェクトの起点となるブックマークレット

※ 2008/8/11迄上記ブックマークレットのコードに一部ミスがあり機能しませんでした。利用しようとしてくださった方々には大変ご迷惑をお掛けいたしました。

Ajax 通信結果の表示

ブックマークレットをクリックすると、次のような小窓がブラウザの上部に表示されます。

Ajax 通信結果を表示する絶対配置要素の図

上の図は既に Ajax 通信が終わった状態の画像ですが、7つのボタンは左から順に「(1)今見ているエントリイの前の10個のエントリイタイトル表示、(2)最新の10エントリイ表示、(3)今見ているエントリイの後に投稿された10エントリイのタイトル表示、(4)Ajax通信再実施、(5)所要時間表示閲覧、(6)小窓の隠蔽、(7)関連スクリプトやcssファイルの削除」を行うためのものです。

例えば 「 Recent Entries 」 ボタンをクリックすると下図のようにタイトル名とエントリイナンバーが表示されます。Ajax 通信をやり直すことができるように設けた 「 Relaod Data 」 ボタンは、何らかの事情で取得結果がおかしかった場合などに Ajax 通信をやり直すことが出来るように配置したものです。このボタンをクリックすれば Ajax 通信に要した時間を比較して知ることも出来ます。

Ajax 通信結果である過去エントリイ10タイトルを見ている図
表示エントリイ上で jQuery と Firebug Liteを活用!

単に、エントリイタイトルを閲覧するだけでなく、このプロジェクトでは jQuery.js と FirebugLite もインクルードしますので、IE や Opera において、ちょっとした Javascript 利用が(デバッグ環境とまではいかないが、テストや学習に活用出来る)、エントリイ頁上でリアルタイムに行えるようになります。F12 キー又は CTRL+Shift+Lキーを押せば firebug Lite を起動することが出来ます。

▲ToTop

Javascript コードおよびCSSファイル説明( 2008/3/12 初稿:その後漸次改訂。確定は2008/8/14 )

1. スクリプトをインクルードするためのブックマークレット

ブックマークレットは各種のスクリプトや CSS ファイルをインクルードするための、いわば初期化スクリプトです。たった1つのスクリプトの存在をチェックし、存在していなければインクルードします。

そもそも全てのコードをブックマークレットに記述できればそれが最も合理的なのですが、ブックマークレットにはブラウザ毎に文字数制限があり、ここで行ったことはとてもその制限値内には収まらないので、複雑な手続きを経なければなりませんでした。

<a href="javascript:
(function(){
  // 文字数を減らすために変数を纏めて指定
  var%20x=0,i=0,
  h=document.getElementsByTagName('head')[0],
  t=document.getElementsByTagName('script'),
  s=document.createElement('script');
  // headタグ内を検索して
  if(t) for(;i<t.length;i++) 
    // setjQnFbug 文字の有無を走査し、有れば x に 1 を代入
    if(/setjQnFbug/.test(t[i].src)) x+=1;
    // setjQnFbug 文字が見つからなければ所定のjsファイルをインクルードする
    if(x==0){
      s.src='http://hkom007.googlepages.com/setjQnFbug_getFc2EnTts.js';
      s.type='text/javascript';
      // headタグ内にスクリプトタグを追加
      h.appendChild(s);
    // 既に所定のjsファイルがインクルード済みならば所定の関数(chkScript)を起動する。
    // この関数は3つのjsファイルと1つのCSSファイルのインクルードを行うためのもの
    }else%20chkScript();
})()">set jQuery & FirebugLite & getFc2EntryTitles.js</a>

▲ToTop

2. Javascript 及び css ファイルの一括インクルードを行う

setjQnFbug_getFc2EnTts.js は 4 つのファイルを一括してインクルードするコードだけを記述した 小さな JS ファイルです。といってもブックマークレットにするには文字数が多すぎてIEで読み込めないため、ブックマークレットとは別に設置した訳です。このファイル作成の当初段階では、インクルードするだけではなく、その後の処理も1つのファイルに纏めようとしましたが、それは無理でした。

何故ならば、インクルードのためのコードに続けて、インクルードされたファイルを使用して様々な処理を行うコードを書いて実行すると、インクルードが中断されてしまうからです。

ブラウザがファイルをインクルードする処理を行っている間に、JS インタープリタが次の処理を行おうとすると、インクルードそのものが中断されてしまうのです。

そのためインクルード専用のファイルと、インクルードされたファイルを利用して諸処理を実行するコードを記述したファイルとを別々に分けました。

// このスクリプトがインクルード済みの場合に関数が起動できるよう
// 名前付き関数とし、最後の行でこの関数を起動する。
var chkScript = function(){
  var v=0,w=0,x=0,y=0,z=0,i=0,
    h=document.getElementsByTagName('head')[0],
  m=document.getElementsByTagName('meta'),
    t=document.getElementsByTagName('script'),
    l=document.getElementsByTagName('link'),
    s=document.createElement('script');
  // 文字化け対策 
  // http-equiv="content-type" かつ content="application\/x-javascript charset=euc-jp"であるmetameguがあるかどうか走査
  // 存在すれば v 値を加算する。 
 if(m) for(;i<m.length; i++){
  if(/content-type/.test(m[i].getAttribute("http-equiv"))
   && /application\/x-javascript charset=euc-jp/.test(m[i].content)) v+=1;
 }
  // v 値がゼロならば meta タグを追加する。 
 if (!v){ 
  var k=document.createElement('meta');
  k.setAttribute("http-equiv","content-type");
  k.content = "application/x-javascript charset=euc-jp";
  h.appendChild(k);
 }
  // 所定のスタイルシートがインクルード済みかどうか link タグ走査し、あれば記録。
 if(l) for(i=0 ;i<l.length; i++) {if(/getFc2EntryTitles/.test(l[i].href)) w+=1}
  // CSSファイルのインクルード
 if(!w) {
  var k = document.createElement('link');
  k.rel = "stylesheet";
  k.type = "text/css";
  k.media = "screen, print";
  k.href='http://hkom007.googlepages.com/getFc2EntryTitles-gp.css';
  h.appendChild(k);
 }
  // jquery、firebug 及び getFc2EntryTitles の文字を含むスクリプトタグを走査し、
  // 存在していればそのことを記録する。
 if(t) for(i=0;i<t.length;i++){
  if(/jquery[^u][^i]+/.test(t[i].src)) x+=1;
  if(/firebug/.test(t[i].src)) y+=1;
  if(/getFc2EntryTitles/.test(t[i].src)) {
      // ブックマークレットが複数回起動された場合の処理
      // インクルード済みで結果表示小窓が非表示ならば表示する
      var tmp = document.getElementById("ajaxPopup");
      if (tmp && tmp.style.display == "none") tmp.style.display="block";
    } // 結果表示小窓が表示済みならば、何もしないでif文を終える。
 }
  // 以降で反復利用する文字列を定義
 s.type='text/javascript';
  // jQuery.js のインクルード
  // jQuery.js は単に firebug Lite から利用するだけではなく、Ajax通信や
  // その取得結果を表示するコードで多用します。
  // なお、min 版を利用することにしました。
 if (!x){
  s.src='http://hkom007.googlepages.com/jquery126min-gp.js';
  h.appendChild(s);
 }
  // firebugLite のインクルード
 if(!/firefox/.test(navigator.userAgent.toLowerCase()) && y==0){
  var c=document.createElement('script');
  c.src='http://hkom007.googlepages.com/firebug-gp.js';
  c.type=s.type;
  h.appendChild(c)
 }
  // Ajax 通信を行う本体コードの getFc2EntryTitles.js のインクルード
 if (!z){
  var r=document.createElement('script');
  r.type=s.type;
  r.src='http://hkom007.googlepages.com/getFc2EntryTitles-gp.js';
  h.appendChild(r);
 }
  // 無名関数としなかったのは再呼び出しがあり得るからです。
};chkScript(); //関数実行

▲ToTop

3. 結果を表示する小窓用 CSS ファイル

取得結果を絶対配置要素内に表示させるために、CSS ファイルを作成しました。これによりどんな Fc2 ブログであっても Ajax 通信結果を同様に表示するようにしました。

なお、任意のFc2ブログで活用できるようにするには、id や class の名称に工夫が必要であることを、いくつかのサイトで試してみて納得しました。このプロジェクトで利用する名称が、閲覧しているブログサイト内で利用されてる名称と重複してしまってはいけない、ということです。

このことは振り返れば余りに当たり前のことですが、実行して初めて分かった次第です(^_^;)。

経緯はこうでした。( 2008/7/21 追記 )

FC2総合インフォメーション 【ブログ】画像ファイル挿入の仕様変更のお知らせ でこのプロジェクトを試してみたのですが、その際に当該サイトで使用されている id 名称( #menuBlock )が、このプロジェクトで利用していた id 名称と重複していたため、当該サイトでは予想外の挙動が起きてしまいました。

そこで初めて、任意の Fc2 サイトと id や class 名称が干渉しないよう、このプロジェクトでは他には絶対に存在しないであろう、固有の名称を使用しなければならない、と気がついた訳です。

こうして id 及び class 名称は以下にあるように長たらしいものとなりました。全ての id 及び class 名称に、「 getEntryTitles_ 」なる接頭語を付けたのです。これで「おそらく」世界で唯一の名称になったのではないか、と一人合点しています。

更に CSS ファイルでは重要なことがあります。( 2008/8/17 追記 )

それは自分のブログで様々な CSS コードを書いている限り全く問題とはならなかったことであり、他のサイト上で自分が書いた CSS ファイルを適用する際には、必ず注意しなければならない問題です。

その問題とは CSS ファイルの優先順位です。

ブラウザにはそれぞれ固有のスタイル値があり、また当然のことですがそれぞれのブログには、作者固有の、またはテンプレート固有のスタイル値があります。そして私が考え、CSSファイルで表現したスタイル値があります。これらの優先順位についてこれまで全く考慮する必要がなかったのですが、他の方のブログ上で MyCSS ファイルを適用することになった時点で、即座にこの CSS ファイルの優先順位が切実な課題となってきたのです。

そこで数年ぶりに改めて CSS の学習を思い起こし、また一部再学習して !important 属性を使うことに到達しました。

@charset "euc-jp";
	#getEntryTitles_pasteData ul { /* important によって任意の Fc2ブログにおいて同一の */
		margin:0 0 0.5em 1.5em !important; /* 結果を得るようにした。*/
		padding:0 !important; /* ここに到達するまでに結構悩んでしまった。*/
		clear:both !important;
	}
	#getEntryTitles_pasteData ul li{
		margin:0 !important;
		padding:0 !important;
	}
	#getEntryTitles_ajaxPopup{
		position:absolute; z-index:100000; top:150px;left:50%;
		width:0; height:0; margin:0px;
		font-size:small;
		text-align:left;
		color:black;
		display:none;
	}
	#getEntryTitles_menuBlock {
		padding:10px;
		width:0px; height:0px;	/*not auto*/
		background-color:#def;
		border:2px #777 solid;
		display:none;
	}
	#getEntryTitles_loading {
		clear:both;
		padding:5px 10px;
	}
	#getEntryTitles_pasteData {
		clear:both;
		margin-top:-28px;
		display:none;
	}
	#getEntryTitles_pasteData a:link{color:blue; text-decoration: none;}
	#getEntryTitles_pasteData a:visited { color: purple; text-decoration: none;}
	#getEntryTitles_pasteData a:hover {
		color:darkgreen;
		background:#dd0; 
		text-decoration: none; 
	}
	#getEntryTitles_pasteData a:active { color: lightblue; text-decoration: none;}

	#getEntryTitles_finish, #getEntryTitles_resultbefore, #getEntryTitles_resultrecent,#getEntryTitles_resultafter {
		padding:0 10px 10px 10px;
		background:#def;
		border-left:2px #777 solid;
		border-right:2px #777 solid;
		border-bottom:2px #777 solid;
		display:none;
	}
	.getEntryTitles_btn {
		width:120px;
		float:left;
		margin:0 2px;
		padding:2px;
		border:1px black solid;
		font-weight:bold;
		color:white;
		background-color:#89A;
		text-align:center;
	}
	#getEntryTitles_viewLog {
		float:left;
		width:50px;
		margin:0 2px;
		padding:2px;
		border:1px black solid;
		font-weight:bold;
		color:white;
		background-color:#89A;
		text-align:center;
	}
	#getEntryTitles_hideThis, #getEntryTitles_removeThis {
		float:right;
		width:20px;
		margin:0px 2px;
		padding:2px;
		border:1px black solid;
		font-weight:bold;
		color:white;
		background-color:#89A;
		text-align:center;
	}
	#cmtbtn1{
		text-align:center;
		margin-top:-2em;
		display:block; width:16em; float:right;
	}
	#cmtbtn2{
		text-align:center;
		border:1px solid darkgray;
		padding:2px;
		margin-top:-2em;
		width:12em; float:right;
	}

▲ToTop

4. メインの JS コード( Ajax通信実施、結果表示等全ての処理を実行する )

Ajax 通信処理、取得結果表示処理などを行うメインコードを書いたファイルです。

必要なファイル全てのインクルードを行ってから、getFc2EntryTItles-gp.js によって Ajax 通信処理を行い、その取得結果を表示中のブログ内に表示します。

結果を表示する小窓にはスクロールイベントを登録し、スクロール時にも常に画面上部に表示され続けるようにしました。

  1 :/* getFc2EntryTItles-gp.js
  2 : * 2008/7/21 Release
  3 : * 2008/8/12, 2008/8/17 update
  4 : */
  5 :// fc2ブログでかつ個別 Entry 表示モードの場合にのみコードを進行する。
  6 :if (location.href.indexOf("fc2")!=-1 && location.href.indexOf("blog-entry-")!=-1){
  7 :(function($){
  8 : var now=function(){return +new Date;}; // 時刻取得関数
  9 : $.extend({ // 時刻・timer起動回数記録用 jQuery 拡張オブジェクト
 10 :  tr:{
 11 :   start:now(),
 12 :   registerEvent:"",
 13 :   ajax:{ recent:[],before:[],after:[]},
 14 :   end:"",
 15 :   waitRecentAjaxCnt:0,setEndingCnt:0
 16 :  }
 17 : });
 18 : // ローカル変数定義
 19 : var aP,mB,ld,pD,fn,lg,r_c,r_b,r_a, constStr="getEntryTitles_";
 20 : var html = { before:[], after:[], recent:[] },getStr ={ before:"", after:"", recent:"" },
 21 :  blogTitle =null, regExpr = "",border={ before:0, after:0},realElm={before:0,after:0},thisEntryNo, lastNo, itval,complement,cmt=0;
 22 :
 23 : // 取得結果表示用のタグを作り表示する。
 24 : if ( $("#"+constStr+"ajaxPopup").size()==0) {
 25 :  $(document.body).append(
 26 :   '<div id="getEntryTitles_ajaxPopup">'+
 27 :    '<div id="getEntryTitles_menuBlock">'+
 28 :     '<button id="getEntryTitles_before" class="getEntryTitles_btn" title="このエントリイより前のエントリイのタイトル情報を見る">Before Entries</button>'+
 29 :     '<button id="getEntryTitles_recent" class="getEntryTitles_btn" title="最新エントリイのタイトル情報を見る">Recent Entries</button>'+
 30 :     '<button id="getEntryTitles_after" class="getEntryTitles_btn" title="このエントリイより後のエントリイのタイトル情報を見る">After Entries</button>'+
 31 :     '<button id="getEntryTitles_reload" class="getEntryTitles_btn" title="Ajax通信をやり直す">ReLoad Data</button>'+
 32 :     '<button id="getEntryTitles_viewLog" title="Ajax 通信の所要時間を見る">Log</button>'+
 33 :     '<button id="getEntryTitles_removeThis" title="このプロジェクトの関連スクリプトやcssを一気に削除する。">'+decodeURI(encodeURI("×"))+'</button>'+
 34 :     '<button id="getEntryTitles_hideThis" title="この小窓を隠蔽する。再表示はブックマークレットを再度クリックすれば良い。">-</button>'+
        // 通信中であることを表示するタグ
 35 :     '<div id="getEntryTitles_loading"><img src="http://hkom007.googlepages.com/loading_16.gif" width="16" height="16" border="0" alt="" /> Now Loading...</div>'+
 36 :    '</div>'+
 37 :    '<div id="getEntryTitles_pasteData">'+
        // 連続する Ajax 通信の全てが終わったことを表示するタグ
 38 :     '<div id="getEntryTitles_finish"><div><strong>Finish Ajax Communication !</strong></div><div id="getEntryTitles_log"></div></div>'+
        // 以前エントリイタイトル名等を表示するタグ
 39 :     '<div id="getEntryTitles_resultbefore"></div>'+
        // 最新エントリイタイトル名等を表示するタグ
 40 :     '<div id="getEntryTitles_resultrecent"></div>'+
        // 以後エントリイタイトル名等を表示するタグ
 41 :     '<div id="getEntryTitles_resultafter"></div>'+
 42 :    '</div>'+
 43 :   '</div>'
 44 :  );
 45 : } else {
 46 :  $("#"+constStr+"ajaxPopup").show();
 47 :  return;
 48 : };
 49 :
 50 : // 表示/非表示を操作するために必要な要素をショートカット変数に代入する。
 51 : aP=$("#"+constStr+"ajaxPopup");
 52 :  mB=$("#"+constStr+"menuBlock");
 53 :    ld = $("#"+constStr+"loading");
 54 :  pD=$("#"+constStr+"pasteData");
 55 :    fn = $("#"+constStr+"finish");
 56 :       lg =$("#"+constStr+"log");
 57 :    r_c = $("#"+constStr+"resultrecent");
 58 :    r_b = $("#"+constStr+"resultbefore"); r_a = $("#"+constStr+"resultafter");
 59 :
 60 : // 結果表示ポップアップに対するアニメーション関数。真ん中から吹き出すような効果を狙った。
 61 : var doExplodeShrink = function(elem,w,h,padbdr,left,state){
 62 :  elem.show().animate({
 63 :   width: w=="auto" ? "auto" : w+"px", height:h=="auto"?  "auto" : h+"px",
 64 : //  display:state, // IEでは機能しないためやむなく削除
 65 :   marginLeft:left ? (-parseInt(w/2)-padbdr+"px") : 0
 66 :  },400,"swing");
 67 : };
 68 :
 69 : // イベントハンドラー登録
 70 : $.tr.registerEvent=now();
    // 固定配置的に配置するためのスクロールイベントハンドラー
 71 : $(window).scroll(function(){
 72 :  $("#"+constStr+"ajaxPopup").css({
 73 :   top:10 +( window.pageYOffset || Math.max(document.body.scrollTop, document.documentElement.scrollTop) )+"px",
 74 :   marginLeft:-320+ ( window.pageXOffset || Math.max(document.body.scrollLeft, document.documentElement.scrollLeft) )+"px"
 75 :  });
 76 : });
 77 :
    // 最新/過去/未来エントリ情報を表示させるクリックイベントハンドラー
 78 : $.each([$("#"+constStr+"recent"),$("#"+constStr+"before"),$("#"+constStr+"after")],function(j){
 79 :  $(this).click(function(){
 80 :   $([fn,r_c,r_b,r_a]).each(function(i){
 81 :    i==j+1 ? $(this).show() : $(this).hide();
 82 :   });
 83 :   this.blur();
 84 :  });
 85 : });
 86 :
    // Ajax通信をやり直すボタン
 87 : $("#"+constStr+"reload").click(function(){
 88 :  $.tr.start=now();
 89 :  this.blur();
 90 :  pD.hide().children().hide();
 91 :  mB.hide();
 92 :  doExplodeShrink(aP,0,0,0,true,"none");
 93 :  ld.show();
 94 :  makeLists(10);
 95 : });
 96 :
    // Ajax通信に要した時間を見る為のボタン
 97 : $("#"+constStr+"viewLog").click(function(){
 98 :  $([r_c,r_b,r_a]).each(function(){$(this).hide();});
 99 :  fn.show();
100 :  this.blur();
101 : });
102 :
    // 小窓を一時的に隠蔽するボタン
103 : $("#"+constStr+"hideThis").click(function(){
104 :  this.blur();
105 :  aP.hide();
106 : });
107 :
    // プロジェクトに係るjsファイルやcssファイルを削除するボタン
108 : $("#"+constStr+"removeThis").click(function(){
109 :  this.blur();
110 :  aP.remove();
111 :  $("script[src*='getFc2EntryTitles']").remove();
112 :  $("script[src*='setjQnFbug']").remove();
113 :  $("link[src*='getFc2EntryTitles']").remove();
114 : });
115 :
116 : mB.children().hover( // ボタンにマウスオーバー/アウトした際のイベントハンドラー
117 :  function(){
118 :   $(this).css({color:"black",backgroundColor:"#dd0"});
119 :  },
120 :  function(){
121 :   $(this).css({color:"white",backgroundColor:"#89A"});
122 :  }
123 : );
124 :
125 :// 最近のタイトルを取得する関数を定義
   // limit 個数のエントリイタイトル情報を Ajax 通信によって取得する。
126 :var makeRecentEntryList = function (limit){
127 : var No, subject, date, iter=0, ret=[],
128 :  target ={  //xml ファイル内での順番
129 :     link:[],     //0
130 :   title:[],     //1
131 : // description:[],  //2 これは利用しない
132 : // content:[],    //3 同上
133 :    subject:[],    //4
134 :   date:[]      //5
135 :  };
136 :
137 : // エントリイタイトルを取得する
138 : $.ajax({
     // 閲覧中のFc2ブログの xml ファイルのアドレスを設定する。
139 :  url: /(http:.+fc2\.com\/.*)blog-/.exec(location.href)[1] + "?xml" || null,
140 :  type: "GET",
141 :  dataType: "xml",
     // xmlファイルが成功裏にダウンロード出来た場合の処理関数
142 :  success: function(xml){
143 :   var tmpStr = '<div>'+decodeURI(encodeURI("最新のエントリイ情報がありません。"))+'</div>';
144 :   if (xml==null) {getStr.recent = tmpStr; return;}
145 :   // Blogタイトルを取得する
146 :   blogTitle = $(xml).find("title").eq(0).text();
147 :   // 最新エントリイ情報を巡回取得
148 :   $.tr.ajax.recent["start"]=now();
149 :   $.each(target,function(key){
150 :    $.each($(xml).find("item"), function(i,n){
        // 取得結果を ret 配列の i 番目に代入
151 :     ret[i]= [$(n).children().eq(0), $(n).children().eq(1), $(n).children().eq(4),$(n).children().eq(5)];
        // ret配列内のテキスト文字列を抽出して target 配列に代入する。
152 :     target[key].push( ret[i][iter].text() );
153 :    });
       // 次のエントリイ情報を取得するために(46行で初期値ゼロを定義済み)
154 :    iter++;
155 :   });
156 :   try {
       // エントリイ番号、エントリイタイトル、投稿年月日を取得する。
157 :    for (var i=0 ; (i < limit) && target.link[i] ; i++) {
158 :     No = /entry-([0-9]+)/.exec(target.link[i])[1];
159 :     i==0 && (lastNo = Number(No)); // 最新エントリイ番号を取得
160 :     subject =" , " +target.subject[i];
161 :     date =" , " +target.date[i].substring(0,10); // 年月日のみを抽出
        // limit 個の取得結果を表示用に整序して配列 html.recent に代入する。
162 :     html.recent.push( "<li><a href='" + target.link[i] + "' target='_blank'>" + target.title[i] + "</a> (No." + No + subject + date + ")</li>" );
163 :    }
164 :    $.tr.ajax.recent["end"]=now(); // 時刻記録
       // 格納済み配列を HTML 文字列に併合して最終表示用に整序する。
165 :    getStr.recent = "<div><strong>Recent " + Math.min(limit,i) + " Entries</strong></div><ul style='margin-left:1.5em;list-style-type:disc'>" + html.recent.join('') + "</ul>";
       // 最終表示用に整序した HTML 文字列を表示用タグに挿入する。
166 :    r_c.html(getStr.recent);
167 :   } catch (err) { // 何らかのエラーが発生した場合にはその旨を表示する。
168 :    r_c.html(tmpStr);
169 :   }
170 :  } // End of success()メソッ
171 : }); // End of ajax()メソッド
172 :}; //End of makeRecentEntryTitle func
173 :
174 :// 前後のタイトルを取得するための準備を行う
175 :var makeEntryList = function(b_a,limit){
176 : var thisHTTP, getEntryNos=[], thisURL=[]; // ローカル変数定義
    // エントリイアドレス文字列を分解するための正規表現文字列定義
177 : regExpr = /(http:.+entry-)([0-9]+)/;
    // 今開いているエントリイのエントリイ番号を取得する。
178 : thisEntryNo = Number(regExpr.exec(location.href)[2]);
    // 今開いているエントリイアドレスのエントリイ番号前までの文字列を取得する。
179 : thisHTTP = regExpr.exec(location.href)[1];
    // 以前エントリイについてアドレス名にエラーが出ないように
    // この段階では最新エントリイタイトル名取得関数内で設定した。
    // 最新エントリイ番号値は上で取得済みなので、これを活用して
    // 以後番号も存在しない番号を取得しないようにする。
180 : border[b_a] = Math.min(limit+1, b_a == "before" ? thisEntryNo : Number(lastNo)-thisEntryNo+1);
181 : if (border[b_a]==1) thisURL.length=0; // 求める以前エントリイがない場合の処理
182 : else {
     // 求める以前または以後のエントリイが存在すれば
183 :  for (var i=1; i < border[b_a]; i++)
      // そのアドレス文字列を作成し配列に格納する。
184 :   thisURL.push(thisHTTP + (thisEntryNo - (b_a == "before" ? i : -i)) +".html" );
185 : }
186 : realElm[b_a] = 0; // 初期化
187 : // 準備完了! Ajax 通信開始
188 : getTitlesByAjax.call(this, b_a,thisURL);
189 :};
190 :
191 :// Ajax 通信によりエントリイタイトル等を取得する関数の定義
   // b_a は以前のエントリイか、以後のエントリイかを示す文字列
192 :var getTitlesByAjax = function (b_a,thisURL){
193 : if ( thisURL.length != 0 ) {
     // エントリイアドレス毎に巡回処理を行う。
194 :  $.each(thisURL,function(i,aryitem){
195 :   $.tr.ajax[b_a][i]=[];
196 :   $.tr.ajax[b_a][i]["start"]=now();
197 :   $.get(aryitem,function(data){ //data は thisURL[i] の html テキスト文
       // エントリイタイトル部分を抽出するための正規表現文字列を定義する。
198 :    regExpr = /<title>(.*)<\/title>/;
       // ブログタイトル文字列があればそれをエントリイタイトル文字列から削除する。
199 :    var titleStr = blogTitle && regExpr.exec(data)[1].replace(blogTitle,"") || "" ;
200 :    if ( /\S+/.test(titleStr)){ //空白だけのタイトル名は補足しない。
201 :     ++realElm[b_a]; // 取得したタイトル数をカウントする。
        // 1つのエントリイのタイトル名、エントリイ番号を取得

202 :     html[b_a][i]="<li><a href='" + aryitem + "' target='_blank'>" + decodeURI(encodeURI(titleStr)) +" (Entry No." + /entry-([0-9]+)/.exec(aryitem)[1] + ")</a></li>";
203 :    }
204 :    $.tr.ajax[b_a][i]["end"]=now(); // 時間記録
       // 最後の通信処理が終わったらsetEnding()関数をタイマー起動する。
205 :    if (b_a == "after" && aryitem == thisURL[thisURL.length-1]) 
206 :     itval=setInterval(setEnding,20);
207 :   });
208 :  });
209 : } else {if (b_a == "after") itval=setInterval(setEnding,20)}
210 :};
211 :
   // 終了処理関数定義
212 :var setEnding = function (){
213 : $.tr.setEndingCnt++; // 回数記録
214 : if (jQuery.active==0){ // Ajax通信結果が取得出来たならば
215 :   if (itval) {clearInterval(itval);itval=null;} //タイマー変数停止無効化
     // 以前・以後別に処理
216 :   $.each(["before","after"],function(i,b_a){
      // 取得結果がない場合
217 :  if (realElm[b_a]==0)
218 :   getStr[b_a]="<div>"+ (b_a=='before' ? 'Before ' : 'After ') + "Entry "+ decodeURI(encodeURI('はありません。')) + "</div>";
219 :  else {
      // 欠番があった場合の説明文を complement 変数に代入
220 :   complement = (border[b_a]-1 -realElm[b_a]!=0) ? 
221 :    " ( " +decodeURI(encodeURI("欠番があります。")) +" )" : "";
      // 取得結果を HTML 文字列にして変数に代入
222 :   getStr[b_a] = "<div><strong>"+ (b_a=='before' ? 'Before ' : 'After ') + realElm[b_a] + " Entries" + complement +"</strong></div><ul>" + html[b_a].join('') + "</ul>";
223 :  }
     // HTML 文字列化された取得結果文字列を所定のタグに挿入する。
224 :  $("#"+constStr+"result"+b_a).html(getStr[b_a]);
225 :  if (b_a=="after") {
      // Now loading...文字を隠蔽
226 :   ld.hide();
      // 結果表示ボタンの無効化と半透明化を解除
227 :   $(".getEntryTitles_btn").attr("disabled","").animate({opacity:1.0});
      // 以前タイトルの所要時間を設定(ゼロの時にも対応)
228 :   var beforeTime=$.tr.ajax.before.length ? "<li>以前タイトル取得 Ajax 通信所要時間: "+ ($.tr.ajax.before[realElm.before-1].end-$.tr.ajax.before[0].start)/1000 +" 秒</li>" : "";
      // 以後タイトルの所要時間を設定(ゼロの時にも対応)
229 :   var afterTime=$.tr.ajax.after.length ? "<li>以後タイトル取得 Ajax 通信所要時間: "+ ($.tr.ajax.after[realElm.after-1].end-$.tr.ajax.after[0].start)/1000 +" 秒</li>" : "";
      // 所要時間を表示するためのHTML文の作成
230 :   var AjaxLog ="<ul style='margin-bottom:5px'>"+
231 :    "<li>クリック後 Ajax 通信開始迄の所要時間: "+($.tr.ajax.recent.start-$.tr.start)/1000 +" 秒</li>"+
232 :    "<li>最新タイトル取得 Ajax 通信所要時間: "+ ($.tr.ajax.recent.end-$.tr.ajax.recent.start)/1000 +" 秒</li>"+ beforeTime + afterTime +
233 :    "<li>このプロジェクト全体の所要時間: "+ (($.tr.end=now())-$.tr.start)/1000 +" 秒</li></ul>";
      // ログ閲覧回数の記録
234 :   cmt++;
      // 一度目の所要時間表示文字列
235 :   var cmtbtn1="<button id='cmtbtn1' onclick='this.blur();window.open(\"http://hkom.blog1.fc2.com/blog-entry-631.html\",target=\"_blank\")'>この Ajax 通信や所要時間について</button>";
      // 二度目以降の所要時間表示文字列
236 :   var cmtbtn2="<div id='cmtbtn2'>" +(cmt-1)+" 回目の Reload 結果</div>";
237 :   lg.append(AjaxLog+(cmt==1 ? cmtbtn1:cmtbtn2)); // 経過時間ログの挿入
      // 結果表示エレメントの表示
238 :   pD.css({width:"640px",height:"auto"}).show();
      // 通信終了を知らせる文字列の表示(アニメーション)
239 :   fn.show().children().eq(0).fadeIn("slow",function(){$(this).css({color:"darkgreen",background:"pink"})}).fadeOut("slow").fadeIn("slow",function(){lg.show()});
240 :  }
241 :   });
242 : }
243 :};
244 :
   // 一連のAjax通信関数を起動する関数
245 :var makeLists = function(num){
    // popup小窓のアニメーション表示のため
246 : doExplodeShrink(aP,640,600,0,true,"block");// ここでサイズ指定。最外側の div 要素を表示
247 : doExplodeShrink(mB,616,50,12,false,"block"); //OK42=Firefox.Opera,but50=forIE,
    // 結果表示用のボタンの無効化と半透明化並びにその他のボタンの有効化等
248 : $(".getEntryTitles_btn").each(function(i){
249 :  i<3 ? $(this).attr("disabled","disabled").animate({opacity:0.4})
250 :   : $(this).attr("disabled","").animate({opacity:1.0});
251 : });
252 : $.each(["recent","before","after"],function(i,n){ // 結果を格納する変数の初期化
253 :  getStr[n]=""; html[n].length=0;
254 : });
255 : makeRecentEntryList(num); // 最新エントリイ情報取得開始
    // Ajax通信開始待機関数の定義
256 : var nextAjaxTimer = function(){
257 :  $.tr.waitRecentAjaxCnt++; // 回数を記録
258 :  if (jQuery.active==0) { // Recent Entry Titles 情報の取得が終わったら
259 :   if (timer) {clearInterval(timer);timer=null;}
      // 「以前」情報取得のためのAjax通信関数起動
260 :   makeEntryList("before",num); // ここは連続して履行しても
      // 「以後」情報取得のためのAjax通信関数起動
261 :   makeEntryList("after",num);  // 問題なく取得結果を html 化できる。
262 :  }
263 : };
    // タイマー起動
264 : var timer = setInterval(nextAjaxTimer,100);
265 :};
266 : makeLists(10); // 一連の関数を起動
267 :})(jQuery); // 引数 jQuery で無名関数を起動
268 :} else alert("閲覧中のサイトは FC2 ブログではないか、Fc2 ブログであっても個別エントリイ表示モードではありません。\nこのプロジェクトは、Fc2ブログの個別エントリイ表示モードの場合のみ使用できます。");
269 :

 

■ コメントの投稿 ■

管理者にだけ表示を許可する

●トラックバック●

■トラックバックURLはこちら■
http://hkom.blog1.fc2.com/tb.php/631-bf4769c9

●参照元一覧●

<provided Fc2>
<provided i2i>

▲ToTop

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
200803120931
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。