06 | 2017/07 |  08

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

iPhone vs Android の行方

今、スマートフォンが熱い。熱すぎるくらいの百花繚乱だ。スマートフォン冬春モデル完全カタログ:スマートフォン徹底比較 には、サムスン電子、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ、シャープ、米デル、台湾 ハイテクコンピューター(HTC)、韓国パンテック、韓国 LG電子、中国 ZTE、中国 ファーウェイ・テクノロジーズの9社の製品が比較検討され、更にパナソニックや NEC、カシオも Android 携帯に参入を表明した、とある。

2007年6月29日。事前の大々的な宣伝の後に iPhone がアメリカで初めて発売され、爆発的なヒットを記録した。(iPhone熱狂 in America. そして日本では?

しかし、1 年後の2008年6月に日本に上陸した時点では静かなブームさえ起きなかった。

それがブームを引き起こすには iOS3 の登場を待たねばならなかった。そして2009年、ついに iPhone はガラパゴス携帯が席巻しているこの国でもブレークした。

その後 2010 年秋頃までは iPhoneのぶっちぎり・独走状態が続いてきたが、ここにきてAndroid 携帯が世界的にも(asahi.com(朝日新聞社):アンドロイド、スマートフォンで世界一 シェア33% - ビジネス・経済)、日本においても、iPhone の独走を阻みつつある。

日本におけるスマートフォン元年が、2009年なのか2010年なのか、定説はないようであるが、2011年は間違いなく世界的にアンドロイド爆走年となるだろうし、日本でも数年以内にそうなると思われる。つまり、中期的には Android 携帯が iPhone を駆逐すると思われる。Mac を Windows が凌駕したまさにそのように、歴史は繰り返されるのではなかろうか。

以下には、何故 iPhone をアンドロイド携帯が凌駕すると考えるのか───その根拠を整理してみた。

要点は 3 点である。

  • 「脱獄」が蔓延せざるを得ない iPhone
  • ユーザーが好む言語入力システムをビルトイン出来ない iPhone
  • アプリ審査の基準が透明化されていない iPnone

▲ToTop

「脱獄」が蔓延せざるを得ない iPhone

「脱獄」とは言葉そのものが適切ではなく、どうしてそう呼ぶようになったのか、その経緯は知らない。

そして確かに、脱獄はマニアックな世界であって「釈迦の手の内」という側面もあるが、確実に「拘束からの離脱」をも意味している。Apple 社の「縛り」から逃れたいと願い、制約を良しとしない人々が存在することは、極めて当然の社会現象なのだ。

Microsoft や Google にも当てはまることだが、一社が世界をコントロールし支配することは好ましくないだけではなく、妥当でない。独占は必ずや傲慢と専横をもたらすからだ。権力は腐敗するのだ。

Apple 社は脱獄を容認せず、是としない姿勢を崩さない。しかし、拘束体制を死守しようとすればするほど、帝国を守ろうと必死になればなるほど、求心力は低下するし、見放す人は着実に増えていくであろう。もっと自由な代替手段があって、その勢力が勢いを増せば増すほど、拘束からの脱却を希望する人は増えるはずだ。

だから、iPhone は Android に席巻されるであろう。

ユーザーが好む言語入力システムをビルトイン出来ない iPhone

少なくとも日本語入力システムに関して、iPhone のそれは余りに稚拙である。入力するその度に、必ず苛つくのは決して私だけではないと思う。

Atok が iPhone でも使えるようになったが、それは1つのアプリとしてに過ぎず、iPhone の日本語入力システムそのものを Atok に置き換えることは出来ない。

他のブラウザを閉め出すかのように、IE が Windows に組み込まれたが、その場合でも他のブラウザを使うことは出来た。しかし、iPhone の日本語入力システムは他に置き換えることが出来ない。

MSIMEとATOKの差よりも遙かに、iPhone の日本語入力システムと iPhone 用 Atok との性能差は大きく、そもそも較べること自体が烏滸がましい、と言っても決して過言ではない。

iPhone 用 Atok が iOS に組み込めて、すべてのシーンでそれが使えるようにならない限り、日本のユーザーは次第に Atok が使える Android 携帯へとシフトしていくだろう。その傾向はメールを多用する人ほど顕著となるだろう。

だから、iPhone は Android に席巻されてしまうだろう。

▲ToTop

アプリ審査の基準が透明化されていない iPnone

何の審査もなく、それ故に駄作や反社会的アプリも存在し得てしまう Android 携帯が素晴らしいなどと言うつもりは全くない。

しかし、審査基準が完全には透明化されておらず、「神の審判」を経なければ日の目を見ないという、現在のiPhone アプリの有り様がベストとは思えない。

そして基準の透明化と併せて、第三者機関が審査するような公平な審査が望まれるが、そのような審査体制にはなっていないことも問題だ。

現在のまま事態が推移すれば、悪貨が良貨を駆逐するように、Android 携帯が iPhone を凌駕することになってしまうだろう。

だから、iPhone は Android に席巻されるだろう。

Windows が Mac を凌駕したその図式が再来する?

以上から言えることは、後発の Windows が Mac を片隅に追いやって圧倒的なシェアを獲得した下克上ならぬ「後克上」現象が、スマートフォンにおいても繰り返されることになるのではないか。

Android を絶賛するつもりは全くないが、昨今の Android 携帯の急激な躍進と、これと較べた iPhone の相対的な停滞を見るに付け、「歴史は繰り返す」と思わざるを得ないのである。

 

■ コメントの投稿 ■

管理者にだけ表示を許可する

●トラックバック●

■トラックバックURLはこちら■
http://hkom.blog1.fc2.com/tb.php/802-38a88269

●参照元一覧●

<provided Fc2>
<provided i2i>

▲ToTop

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
201102041113
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。