09 | 2017/10 |  11

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイアウト崩れ───それはCSSのたった1文字のミスから引き起こされていた。

 或る時から、firefoxやNNでMyblogの左カラムレイアウトが崩れていることに気がついた。Javascriptでコントロールする部分やJavascriptによるpopupが巧く表示されないし、表示されても意図したとおりにコントロールされていないのだ。
 何が原因なのかまるで分からないまま時が推移しているが、矢張りこれはまずいだろう、と思い始めた。
 特にJavascriptによるコントロールがまるで意図したとおりにならないのは「許し難き」ことだ。折角の労作がIEでしか反映されないとは嘆かわしい限りである。
 ───ってことでこの土日に改めてスクリプト全体を見直す必要がありそうだ。
       -----------------------------------

この続きを読む

重たいアナログ時計への対応策

 人気の高い豚ボンジュールのFLASH時計は、最近特に重たくなった気がする。それでもなお拘り続けて使用してきたが、余りに重たいのでちょっと閉口気味だった。
 そこで解決策としてFLASHデータをダウンロードして、マイブログサイト内にuploadして利用してみた。すると思った通り提供先サイトにその都度アクセスし、ダウンロードして使うよりも遙かに高速に表示させることが出来た。
 これもFLASHのuploadが可能となったからこそ出来たことであり、素晴らしいコンテンツを提供している豚ボンジュールと、様々な形式のファイルのuploadを認めたfc2に感謝、感謝である。

インラインフレームによる情報提示は・・・

 果たしてどの程度閲覧されているのだろうか?
 そしてまたどの程度受け入れられているのだろうか?
 それを知る術はないのだが、インラインフレームに表示されるコンテンツに関しては、コメントすることも出来ないから、反応は通常のエントリイに較べて、当然より分かりにくくなってしまう。
 それでもめげずに初志貫徹と行かねば・・・。

ファイルアップロードに関する要望

 多くの方が要望として出しているのだろうが、ファイルのuploadを複数ファイルをまとめて行いたい。
 inlineframeによる情報表示を始めたが、そのコンテンツを編集していると、その都度uploadする手間が結構大変だ。インラインフレームにしたのは、その中にホームページ形式の内容をそのまま掲載したかったからであり、すなわちファイルとしてはHTMLとCSSの最低2つがあるわけで、それらを編集するたびに一つずつファイルをuploadするのはかなり面倒だ。
 そこでFc2さんに要望したい。
 ファイルアップロードを現在の1つずつ行う方法とあわせて、複数ファイルを一括してuploadする手段も提供して欲しい。
 それとももしかしたら、同様の思いを持った方が、既にJavascriptによってそれを実現しているのだろうか?

この続きを読む

InlineFrame追記

 昨日課題となっていたインラインフレーム内のHTMLコンテンツに対するブログ本体のCSSとは異なる別のCSSの適用不可問題は、ケアレスミスが原因であることが判明した。それを修正したことにより、WinIE、WinFF、WinNN及びWinOperaのWindows系ブラウザにおいて、全て表示が確認出来た。
 これによって、通常のブログ表示とは別に、インラインフレーム内に様々なコンテンツを自在に表示させることに成功したと言える。Mac上での表示を確認する術がないので「少なくともWindows系ブラウザにおいて」という制限付きではあるが・・・。
 なお、「様々なコンテンツ」とは任意のWebサイトでも良し、Fc2ブログの様々なテンプレートでも良し、ブラウザで表示されるHTMLコンテンツであればとにかく何でもござれの訳だから、事実上ブログサイト内に別サイトを構築したことになる。
 ここまでのことが可能なFc2ブログは、今や「超ブログ」と言えるだろう。

InlineFrameによるコンテンツ表示を開始!

 やっと時間が取れたので、念願の(苦笑)InlineFrameによる情報表示を盛り込んでテンプレートを改造した。InlineFrameの表示/非表示をCSSやJavascriptによってControlしなければならないので、設定はちょっと面倒であるが、エントリイとは別にブログ内別サイト的使い方が出来ることは、「超」ブログ的様相を深めているFC2ブログだけに楽しみである。
 さて、XHTMLではInlineFrameは非推奨とされているようなので、表示出来ないブラウザがあるかもしれない。しかし、WinFF、WinIE、WinNN7、WinOperaではインラインフレームの表示を確認出来た。但し、ブログ本体とは別のCSSシートをインラインフレーム内のHTMLコンテンツに設定したのだが、それがWinIE以外ではうまく表示されないことが当面の課題となっているが・・・。
 まずは第一段階としては成功したと言えるだろう。
 第一弾のインラインフレーム内コンテンツはXHTMLの学習メモだ。左カラム内の該当箇所をクリックするとインラインフレームがコンテンツと共に表示されるので、興味のある方はクリックして見て戴ければ幸いである。

 

ブログ訪問者履歴機能の追加について

 ブログ訪問者履歴機能が管理画面に追加された。(FC2インフォメーション ブログ訪問者履歴機能の追加
 これによりMyBlogに訪問してくれた方(但しFc2ブログからの訪問に限るが)が最近20人まで辿れるわけだ。もちろん、訪問者がその履歴を残すことを了解していないと駄目だし、20人を越えるリストは履歴として残せないが、より利便性が高まったことは間違いない。
 その上で折角の機能なので、その履歴を保存したい。
 アクセス解析でリンク元からブログサイトのURIは追えるし、スクリプトを利用してログを取る方法もあると思うが、せっかく新設された訪問者履歴機能なのだから、履歴保存機能を持たせて欲しい。

XHTMLのDOCTYPE宣言について

 inlineframeを使いたいが故に、DOCTYPE宣言をXHTML1.0のtransitionalに変更した。XHTML1.1は余りに厳格すぎてまだ馴染めないということだろう。実際には1.1で指定してもinlineFrameは使えてしまうようなのだが、なんか気持ちが悪い。
 その上でIEは6.0も後方互換モードにした方がIE5.5とIE6.0のバグ対策が統一的に施しやすいので、XML宣言を行ってIEのバグを利用してWinIEは全て互換モードで作動するようにしてみた。
 これによりwinIE以外は全て標準モードで描画し、WinIEだけがそのVersionに拘わらず5.0以上は皆同じ描画を行うことになるわけだ。

doctype宣言について

 これまでdoctype宣言はHTMLの互換モードにしていた。
 それはCSSバグ対策としてIE5.5においてもIE6.0においても同じ互換モードにした方が対応が楽だからであり、またXHTMLにおいてはスクリプトのコメントアウトが誤作動することがあるからであった。
 しかし、Javascriptの外部ファイルのuploadが可能となった今、後者の憂いは不要となったので、IEだけを互換モードで作動させ、MacIEを含むその他のブラウザにおいては標準モードで作動するようにした方が、得策であると思われる。
 ということで只今からXML宣言付きのXHTML文に変更することにした。

HTML、CSS、JS等のupload活用について

 HTML、CSS、js等のファイルがupload出来るようになったことから、他の人に使ってもらえるかもしれないテンプレートやJavascriptを、Myブログ内で公開することが可能となった。
 公開テンプレートとして公開するほどでもないが、他の方に参考にしてもらえれば幸いという程度の情報を、例えばインラインフレームフレーム等を活用して明らかにすることが可能なわけだ。
 ブログのセンタリングレイアウトについて昨年末からWikiに綴り始め、最終的に一切のtableタグを排除してCSSだけによってセンタリングを実現するHTML/CSSをずっと追求してきた。その結果まずvalidなHTML文を作成し、その後に各テンプレートに対応するセンタリングCSS文を作成することになった。しかしそうなればWikiへの投稿は膨大なものとならざるを得ず、それ故にどのようにして掲載すればよいかずっと悩んできた。
 しかし、HTML文もCSS文もアップロード出来るようになったことから、Myblog上にてブログセンタリングレイアウトについて、それぞれのテンプレートをuploadしてコメントすることが可能となった訳だ。従ってブログセンタリングレイアウトについては、Wiki上ではなくMyblog上で、順次各テンプレートのセンタリング版を掲載することにしようと思う。

アップロード出来るファイル形式の拡大について

 アップロード出来るファイルの種類が増えた。HTML、CSS、JS等が可能となったのだ。これは福音である。
 これまでJavascriptはHTML本体内に置かざるを得なかったが、これで外部化が可能となったし、CSSも複数のそれを使い分けることが出来るようになった訳だ。
 またHTMLやTEXT形式が可能となったことにより、InlineFrameを使った情報表示が行えることになる。これは前々から行いたかったことなので大歓迎だ。お知らせ的エントリイを通常の表示とは別に目立つように表示することが可能だからだ。

Mac利用者から応答なし...

 数日待ってみたが、Mac利用者からの応答は未だない。
 前には何人かの方からレスがあったのだが、既に飽きられてしまったか?
 各種不具合を修正したはずなので、是非ともMacにおける不具合発生報告を得たいのだが・・・

多くの人が気づいていることなのだろうが・・・

 death公式テンプレートのHTML文において、トラックバックに関する部分の記述箇所がおかしいと思われる。
 エントリイを一覧させる時、(カテゴリイ閲覧や月別エントリイ閲覧時)トラックバック欄が最下部に表示されてしまい、しかし複数のエントリイが表示されているのだから、当然トラックバックURLは非表示にならざるを得ないのだ。
 これはHTML文のトラックバックブロックの置き場がおかしいからだ。
 <!--comment_area-->~<!--/comment_area-->の~部分にトラックバックブロックも収めるべきなのだが、少なくともdeathではそうなっていない。これは周知の事実なのだろうか?
その他のテンプレートについては下記参照

この続きを読む

Mac利用者にお願いがあります。

 この一ヶ月余り、ブログのセンタリングレイアウトWiki原稿の為に、Myテンプレートの改造に改めて挑戦してきました。
 その結果、クロスブラウザな作りになったと思っているのですが、Macが使える環境に接することがないため、safariやMacIEでどの様に表示されているのか確認の術がありません。
 そこでお願いがあります。
 これをご覧になったMac利用者で、もし宜しかったら、障害の有無をお知らせ願えないでしょうか!

色々と改善されたみたい!(苦笑)

 MyブログにおいてIEでずっと目障りで仕方のなかった横スクロールバーが、何時の間にか見事に消えている!
 これも全面改訂の成果の一つなのだろう。しかし、どうして消えてくれたのか、その原因が皆目分からないのが、非常に悔しいなあぁ・・・

久しぶりに・・・

 久しぶりの投稿だ。Myテンプレートの全面的見直しに没入しきっていたことと風邪をこじらせたことから、投稿どころではなかったのだ。
 改めてテンプの全面的改訂に着手したところ、ほんの2ヶ月前に暗中模索で作成したところの、我がテンプレートは余りにメチャクチャだったことは既にふれたが、それ故に全面改訂は非常に時間が掛かってしまった。
 しかもJavascriptによる階層メニューが気にくわなかったので、これも全面改訂したために、これだけでも1週間を要してしまった。
 まだまだ原始的なJavascriptであって決して宣伝出来るものではなく、むしろ改善点を指摘して欲しいものだと痛感している。
 しかし───。
 いずれにしても、とにかく一つ山を越えたのだから、祝杯と行こう。咳を繰り返しながらであるが・・・(苦笑)

Myテンプレートの基本部分は改正が完了

 土日に掛けて我がブログのHTMLとCSSを全面的に改正した。
 まだサイドバー部分で一部のレイアウトが崩れているが、基本的・全体的箇所は概ね完了した。
 それにしても、或る程度CSSの知識を得た今、2ヶ月ほど前に悪戦苦闘して作成した我がテンプレートは、「千々に乱れまくっていた」ことを改めて認識した。idとclassの使い分けもメチャクチャだったし、HTMLはまるで構造化されていなかった。CSSも行き当たりばったりで、適当に、つまり「いい加減」にセレクタ名を付けていたし、公式テンプ:deathをベースにしたとはいえ、ほぼ全面的に自分で書き直したテンプレートだというのに、改めて目を通すと、一体何がどうなっているのやら、その全容を理解することから始めなければならなかった。
 まだまだ未完成ではあるが、これで概ねすっきりしたのではないか、と自負している。但し、相変わらずIEで不要な横スクロールバーが出てしまうし(これはIEのバグらしい)、やはりIEにおいてCSSで配置したPopupがうまく表示されないで、z-indexの小さな時計等の後ろに恥ずかしそうに隠れてしまうのも戴けない。(Firefoxでは綺麗にPopupするのだから、またしてもIEのバグかもしれない。)
 その他、Javascriptスクリプトによる階層メニューもCSSと組み合わせてもっと綺麗に表示するようにすべきだろう。
 ───すなわち、課題はまだまだ残っているが、一段落というところだ。

道は遠い!

 「究極の」センタリングレイアウト───tableタグもない、imgタグもない、かと言ってdivタグの氾濫に溺れることもなく、一切のレイアウト要素を完璧に排し、文書構造を明確にするためにタグを使い分け、タブを適切に使って可読性を高めた、そんなHTMLと、無闇やたらにidとclassを羅列することなく、可能な限り簡潔にして明快で、時が経過してからも可読性の高いネーミングで透徹され、タブやコメントを適切に使って可読性を高めたCSS───それこそが究極のWebサイト・テンプレートであり、W3Cの目指すところでもあるだろう。
 従って、究極の「センタリングレイアウト」も、論理的必然をもって、構造化されたマークアップ文書=HTMLと、可読性の高いCSSを書くことに行き着くわけだ。
 かくして現在、まず構造化されたHTMLの作成に追われており、序でに、余りに酷かった我がブログのテンプレートを全面的に改造することとなった。そのためWikiへの投稿は先延ばしになっているが、より完璧なものを目指す以上これはやむを得まい。そして、Wiki原稿はブログのセンタリングレイアウト「3」として、全く新しい視点からのものとなるだろう。それは、これまでの簡易なセンタリング法から、W3C勧告に沿った完全なるセンタリングテンプレートを目指す視点からの、手法について語ることになるだろう。
 それにしても道は遠く、山は高い!
 

一般論の前に個別具体的な対策を!

 我がブログのテンプレートは、ここ2ヶ月ほど全くいじっていないのだが、改めてIE以外で相当乱れるとの情報が入った。センタリングレイアウトにのみかまけて、肝心の自分のテンプレートを放置してきたのは、閲覧してくださる方々に大変失礼なことを繰り返してきたことになるわけで、申し訳ない気持ちで一杯である。
 tableもimgタグもないHTMLを作成し、それをベースに、あれこれのテンプレートのセンタリングを行う、という極めて無謀な計画を樹て、やっとの思いで標準とすべき構造化されたHTMLを書き終えたばかりであるが、センタリングレイアウトの一般論をまとめる前に、個別具体的なわがブログのセンタリングを完成させることが先決だろう。
 ということで日曜日には、自己のテンプを全面的に見直すことにする。
 

やっとやっとtempleテンプのtable全排除センタリングが完成!

 苦節数週間、やっとtempleテンプレートのtableタグ完全排除版センタリングレイアウト改造が完了した。今度こそ完全なはずだ。WinIE6の互換モード、WinOpera7.45の互換モード、WinFirefox1.0日本語版のクイックモード、及びWinネットスケープナビゲータ7.1の旧Version互換モードにて表示し、全てにおいて問題がないことを確認したので、今度こそ太鼓判を押せるだろう。  

この続きを読む

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
200506030130
200504161537
200503150000
200503131332
200503131231
200503122058
200503121244
200503110111
200502271715
200502271350
200502191650
200502120905
200502120853
200502091656
200502082319
200502082246
200502020156
200502010042
200501300249
200501270044
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。