03 | 2017/04 |  05

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10年前からの雑誌付録CDを処分した。

 ふと思い立ち、大量にストックされていた雑誌付録CD53枚を処分した。1995年、つまりWindows95が発売された翌年からの雑誌の付録だ。思えば、DOSからWindowsへと切り替わったWindows3.1時代には、まだCD-Playerが一般化していなかった。Windows3.1は24枚のFDで提供されていた。最新最速2倍速Playerが10万円台もする時代だった。(2倍速CD-Playerを搭載したドッキングステーションが18万円、Windows3.1をビルトインした8ビットカラーのノートパソコンが70万円程した時代だった。そのマシンは今では押し入れに静かに鎮座している。)
 その後Windows95の登場と同時期に、やっと実用に耐える読み込み速度のCD-Playerが登場し、併せてアプリケーションが巨大化するに連れ、FDでの供給は現実的に無理となっていた。
 そんな時に、様々なフリーソフトを格納したCDを付録に付けたパソコン雑誌が続々と登場した。Windows World、Dos/V Magazine、DOS/V Power Report、Internet Ascii、Yahoo Internet Guide、Ascii Dos/V Issue、The Windows、日経WinPC・・・。怒濤のように押し寄せるCD付録に、その昔、おまけが欲しくて駄菓子を買ったように、CD欲しさに雑誌を買ったりしたこともあった。
 そんな懐かしさ一杯のCDを全て処分することにした。増える一方のCDに対して、10年前のCDコンテンツに何の実用性もなく、とっくに全く使わなくなっていたからである。
--------------------------------------------------------
 Windows3.1の登場時にはそれまでの白黒、あるいはせいぜい4ビットのどぎつい原色的世界から、8ビット~24ビットの一気にカラフルになった画面に狂喜乱舞した。スクリーンセーバーなどにも新鮮な驚きがあった。(知る人ぞ知る名作「after dark」の名には懐かしさがこみ上げてくるなぁ~。)
 Windows95が登場した時には、日本でも既にInternetが普及し始めていて、Windows95のそれへの対応が不十分だったとはいえ、パソコンを操ることの意味が、ネット上の情報にアクセスし、それを活用する「情報を操ること」へと一変し、実際にそれを体験して、再び狂喜乱舞した。今年度一杯で幕を閉じようとしているniftyのパソコン通信も体験し、貴重な情報を得ていた。
 しかしその時の通信手段はアナログモデムであり、ブロードバンドが当たり前となった今では、およそ考えられない通信速度───2400bpsという超低速───だった。
--------------------------------------------------------
 そして98、98SE、Me、2000と続いてXPである。来年にはCodeName=LonghornなるXPの後継OSも登場する。
 通信速度も光通信が当たり前となり、2400bpsから24000000bps以上へと1万倍超も高速になった。
 Windows3.1、Windows95の衝撃に較べればその後の新OSの登場は真新しさに欠けており、いわばそれぞれ前世代の発展型に過ぎないが、利便性、安定性、高速性、多機能性、高容量等々の諸元における進歩は凄まじいものがある。
--------------------------------------------------------
 こうしてちょっと振り返っただけでも、この10年(1995-2005)はまさしく「インターネット革命」の時代だったことが改めて痛感される。後の時代に間違いなく「通信とパソコン革命の10年」と特徴づけられるだろう。(もっと巨視的に見れば、1960年代後半から今日に至るまでの約半世紀が、歴史上特筆される通信・パソコン革命の時代となるだろう。)
 今や、自宅にいながらにして「地球大のBrain」(立花隆)へと発展したインターネットの恩恵に浴することが出来る。画像も動画もストレスなく受発信し、電話システムもインターネット技術の中で変容を迫られている。
 そんな時に、この10年のCDにおさらばすることは、個人史における一個のメルクマールとなるかもしれない。

ブログセンタリングレイアウトに関するWikiを掲載開始

 自宅PC内でphpを走らせPukiWikiの編集も出来るようにしたので、さっそくブログのセンタリングレイアウトについてWikiに投稿した。まだ作成途中であるが、書き出すと思いの外時間を要するので完成は何時になるのやら(;^_^A アセアセ。
 それに、lotusテンプのセンタリング方法を作成してみたが、どうしてもブログの最下部だけがうまくセンタリング出来ずに困っている。
 誰か分かる方がいれば是非知恵を拝借したい!!

ある提案 より良きFAQのために

 FC2ブログ掲示版(バグ・要望BBS及びカスタマイズ掲示版)は、FC2ブログのバグ指摘や要望等、そしてカスタマイズに関する質問と回答が掲載されるべきものとして設置されたと思います。しかし、最近これらのBBSを閲覧していて、特にFC2ブログ固有の問題ではない HTML や CSS に関する一般的・基礎的・初歩的質問が増えているなあ~と感じています。掲示版ではなく「質疑・応答」板化しているわけです。

 こうした事態に対して「そんなこと、googleか何かを使って自分で調べろよ」何て、冷たく突き放すのは無体です。
 「ここは Homepage 作成スクールではない」と宣告したところで、困っている方々は途方に暮れるだけでしょう。

 何が分からないか分かれば、問題は半分以上解決したに等しいわけで、何が分からないか分からない、藁にもすがりたい、だからBBSに書き込みをする場合も多々あるでしょう。
--------------------------------------------------------
 ここで注目すべきことは、一般的、基礎的、初歩的質問は多くの人にとって「共通する質問」でもあり、従って繰り返し繰り返し同じ質問が出される可能性が高いということです。しかも、上記の2掲示版は50スレッドしか表示しないから、過去に出された質問と回答から検索するには余りに表示データが少なすぎるし、全スレッド検索機能はどうも利用されていないか、活用に気が付かない気がします。
 そこで善処策としていくつか考えてみました。
 1 表示スレッド数を増やす。
 2 そうしても過去スレを見るとは限らないので、むしろスレッド検索機能をもっと目立たせ活用を促す。
 3 初心者用のブログ利用マニュアルを志願者が自主的に協働して作成し、それへのリンクを時々掲示版に貼る。
  (これにはWiki(IT用語辞典 e-Words : Wikiとは 【ウィキ】 ─ http://e-words.jp/w/Wiki.html)が最も向
  いているだろう。)
 4 そのようなWikiをFC2が用意する。(←これは「おんぶにだっこ」と言われそう(笑))
 5 HTML/CSSの学習サイトリンク集を志願者がブログエントリイとして作成し、そのエントリイへのリンクを掲示版で
  時々公開する。
 6 有志が自分が歩んできたtemplate編集道程を自分のブログに掲載し、それへのリンクを掲示版で時々公開する。
  (これは例えば、やまちゃんのブログ が好例だと思います。)
 7 その他、この問題にもっと多くの方の知恵を出し合い、ふさわしいツールを模索する。

Homepageレイアウトにおけるtableタグの利用について

 正当派CSSの記述方法によれば、レイアウトのために表を使うのは好ましくないとされている。アクセスビリティ(読み上げソフト等による閲覧)のためにも表は好ましくないという。
 ところが、まさしく好ましくないとされているこのtableタグによるレイアウトが蔓延している。YahooもSonyもTOYOTAもNECもみなtableタグによってHomepage(トップページ)をレイアウトしている。すなわち好ましくないとされている「HTMLのレイアウトを表によって行うこと」がデファクトスタンダードになっている。───これではコンテンツはHTMLで、装飾はCSSでいくら声を大にして強調されても、結局CSSによるレイアウトの普及はおぼつかないのではないだろうか?!
 思い返せば、私もYahoo Homepageのソースを分析して、なるほどこのようにtableを使ってレイアウトするのかと学習した一人であり、今でこそCSSによるレイアウトを心がけようとしているが、数年に亘ってレイアウトとはすなわち表のフル活用とばかり思いこんでいたのだ。

大きな幅の画像配置について

 tableを使わずにfloatやpositionで左右分割配置を行っている場合、IEではmax-widthが使えないため大きな幅の写真をエントリイするとレイアウトが崩れてしまう。
 fc2ブログのテンプレートは一般にtable利用を避けているようで、cssによって左右、あるいは横3列配置を行っている場合が多いので、写真をエントリーした場合のレイアウト崩れは多くの人が経験しているのではないだろうか?
 結局IEでmax-widthが利用出来ないのだから、cssによる分割よりもtableによる分割の方がレイアウト崩れを防止出来るのではないか?
 もちろん「tableのエントリイ列の幅指定がその中に挿入される画像の横幅よりも優先する」というルールがない限りここに書いたことは意味がないが、他のブログで表を利用したもので試す限り、このルールは存在しているようだ。

★重大なバグか?

 http://blog1.fc2.com/userID/ とアドレス欄に入力してこのブログを最初に使い出した。ところがこれだけの入力では編集したテンプレート内容を反映しない。最初に選んで編集を開始する前のデフォルトテンプレートによるデザインのマイブログが開いてしまうのだ。
 どうしたものかと管理者ページの「サイト確認」をクリックしたら編集後のテンプレート内容を反映した表示に切り替わった。サイト確認をクリックした直後のブラウザアドレス欄を見るとhttp://blog1.fc2.com/userID/の後にindex.php
と付いている。これはサイト確認をクリックすると必ず附記されるようだ。しかし、このindex.phpを削除したアドレスを入れ直すとまた元のデフォルトテンプレートデザイン辰具に戻ってしまう。
 これはどういうことか?index.phpを付けるとマイデザインを表示し、付けないとそのテンプレートのデフォルトデザインになるのか?
 早急に事態を納得したい。

css:max-widthについて

 death テンプレートをベースに、かなりレイアウトを変更していますが、画像を投稿した際にその画像サイズに関わらずエントリイ部横サイズを変更させない対策として、投稿画像に関するCSS属性に部分に、max-widthを適用すればどうか、と考えて試してみたのです我、うまくいきませんでした。なお、max-widthではなく、単にwidthを指定すると全ての画像がその横幅サイズになることは確認しました。
 どなたかmax-widthに関して詳しい方はいませんか?

カウンター設置

 どの程度見られているのか判然としないので昨日・今日・全体の3種類のカウンターを設置。

サイドバーをなくしてみる

 selectタグによってサイドバーコンテンツの大部分を画面上部に配置した。残るのは管理用のいくつかの文字列、独自に配置した時計、そしてカレンダーのみだ。
 これらの全てをエントリイ表示部の上に配置することによって完全にサイドバーを消去することが出来る。
 ブログと言えば2列、3列配置が当たり前となっている中で、サイドバーなしのレイアウトも面白いかも知れない。

テンプレートについて(2)

 土日を掛けて相当の四苦八苦の末に現在の「表情」にたどり着いた。プルダウンメニュー形式にまとめることが念願だったので、とりあえず一区切りだ。
 これにより右サイドバーは最小限となり、かつ様々なメニューはたった2行に納めることが出来た。
 しかし、エントリイやコメントのselectボタンが余りに横長になったことは大きな欠点であろう。横幅を指定しもっと幅を縮めることは可能であるがそうするとエントリイ屋コメントのタイトルが部分的にしか見えなくなってしまう。それでも強引に幅を縮めてそのアイテムの上にマウスを載せると全文が見える、ということが出来ればよいのだが、IEやIE互換ブラウザではそれが出来そうにもないので、やむを得ず横長プルダウンメニューとあいなってしまった。
 まだまだ改善の余地は多々あるが、これにて一つの区切りとする。

テンプレートについて(1)

 death templateとblue templateの二つを分析してみたが、明らかに後者の方が可読性が高い。これは同じfc2の策ではあるが、作者個人は異なると思われる。
 前者の方はHTMLもCSSも説明書き(コメント文)が不十分であり、大変分かりにくい。そのためこれを改善する場合に混乱を招きやすいと言える。
 それにしてもHTMLにおいてコメント文の形式を、そのままブロック変数(<!--variable-->~<!--/variable-->)として利用しているのには正直驚いた。ウルトラ技と言えるのかも知れないし、他に方法がなかったのかと訝しく思う。最初はコメントだから不要と思って削除してしまい、表示がおかしいために改めて変数一覧を見て驚くと共に納得した次第だ。

この続きを読む

レイアウトの自由度に( ^_^)/□☆□\(^_^ )カンパーイ!

 fc2の宣伝文句に嘘はなかった!
 fc2ブログのレイアウト自由度はなるほど極めて高い。
 それは各要素をどこにでも配置出来ると言って良い。
 それを可能としているのはブロック変数という特殊な変数の利用に寄るところが大きいだろう。
 ブロック変数は、HTML言語のコメント(<!---->)と間違えて安易に消してしまう危険性がある。実際最初は消してしまった(苦笑)。しかし、そのブロック変数があるが故に、投稿もコメントもトラックバックも過去記事も、リンク集も画像も、何でもどこにでも配置出来ることになる。
 日経パソコンにおいてトップで紹介されたことにより、エキサイトブログが一躍メジャーとなったようであるが、その最大の欠点はレイアウトの不自由さにある。template(エキサイトブログではスキンと呼んでいる)が沢山揃っている、他のexblogerと簡単にリンクが貼れるなど、exciteならではの長所が盛りだくさんあるので、スキン編集に重きを置かず、輪を広げるのであればfc2よりもexciteであろう。
 しかし、HTMLとCSSを駆使して自在にブログをデザインするのであれば、fc2は他に代え難いブログと言えるだろう。

カレンダーについて

 カレンダー上部の前の月(10月)をクリックしても、カレンダーに前の月が表示されず11月のままとなる。一方で翌月は表示する。
 これは明らかにバグではないか!
 10月の途中から始まったからと言って10月に戻れないのはおかしいぞ~~!

まずはスタイル編集を始めます。

 まずは文字サイズやTop画像、サイドバーの長~~いメニューの画面内収録等のテンプレート編集を行いたい。

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
200504171216
200412311402
200411092235
200411052252
200411041308
200411040245
200411031319
200411030949
200411030302
200411012248
200411011443
200411010337
200411010103
200410281350
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。