03 | 2017/04 |  05

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vistaの普及度合いを MyBlog へのアクセス解析から知る

Fc2 アクセス解析によりこのブログへの OS 別アクセス数を分析してみた

2008年10月のアクセス全てを対象として OS 別の内訳を調べたところ、下図のような割合となった。

OS 別アクセス数・割合図

概観するとマックは 4 %弱で圧倒的に Windows が多くその約 8 割は XP で占められている。一方Vista は 16 %に過ぎない。

ここにも発売後 2 年弱の年月が経過しているにも拘わらず、Vista の普及が遅々とした歩みとなっている一端を垣間見ることが出来る、と言えるだろう。

因みに私の勤務先でも、組織として Vista には対応していない。現状では Vista に対応出来ない社内システムが多数存在している。そして少なくとも年内は Vista は一切使用できない環境となっている。仮に Vista PC があったとしても、社内システムの殆どが利用できないのである。

このような会社、行政機関、団体はおそらく極めて一般的なのではないだろうか?!

そしてそのことは個人宅におけるPC買い換えやOS入れ替えを限りなく抑制するだろう。

かくしてマニアは別として、大半の PC 所有ユーザーは Vista への乗り換えを思い切る積極的理由が見あたらないと思われる。

▲ToTop

いかにも使いにくい OS は早く消え去るべきである

ユーザーに多くの負担を強いる OS は決して歓迎されないし、長命ではないだろう。Vista はおそらく短命で終わらざるを得ないだろう。Windows Me がそうであったように、不完全な OS として歴史に刻まれるのではなかろうか?

とはいえ、では次なる OS は期待できるのだろうか、という疑問が必然的に湧いてくる。

幾つかの報道によれば、Windows 7 は Vista ベースの OS だと言われているので、根本的な改善とはならない可能性も捨てきれない。

もしそうなれば、OS とアプリケーションの独占的地位を欲しいままに享受してきたマイクロソフト帝国の崩壊への序曲が奏でられないとも限らない。

否、OS 激動の序奏はもう始まっているのかもしれない。携帯OSアンドロイドはその象徴的な狼煙なのかもしれない。「携帯を制する者が PC を制す」───そんな段階へと階梯が築きだされたのかもしれない。

18日のユニークビューが1000台を突破!

それは記念すべきことです

昨年末に200台を突破、つい先日500台を突破したと思ったら、18日は何と1,100越えを記録しました。このユニークビューの急増現象はどうしてなのか、それをアクセス解析を通じて調査してみました。

その結果、あるサイト(カトゆー家断絶)からの訪問者が激増したためであることが判明しました。

カトゆー家断絶はカウンター数8千万overのサイト、このサイトからのアクセスだけで、18日に600over/日を記録していたのです。

そして上記サイトを訪問させていただいて、標準のブラウザを徹底してSleipnir2に設定するエントリイにアクセスが集中しているらしい、と言うところまで突き止めました。

その後19日のアクセスは400台にダウンしましたので、ユニークビュー1000オーバーは「真夏(ではないなぁ(苦笑))の夜の夢」となったようです。しかし、カウント数を得る為にエントリイを投稿している訳ではないので、結果を目的とする必要はないから、一喜一憂するほどのことではないでしょう。

何はともあれ多くの方に閲覧してもらえることは嬉しいこと!

そうなのです。ある意味ではマニアックなこんな拙ブログでも毎日数百人の方々が閲覧してくださっている、ということはそれだけで励みになります。拙文でも、見ず知らずの方々に目を通してもらえるということは嬉しいことです。

そんな訳で1000カウントオーバー記念として、このエントリイを書いた次第です。

何と16日のユニーク閲覧者は555!

関連エントリイリスト in this Blog

7月16日のユニーク閲覧者数が何と555!

数日前から閲覧者数が増加していることは把握していました。しかしこれまでの数ヶ月間ずっと200台だったユニーク閲覧者数が突然一昨日あたりから急増し始め、ついに昨日7/16には555人となったのです。

トータルアクセス数では914回と一千の大台に近づいてしまいました。

こんな拙ブログの何がそれ程の閲覧者を獲得しているのか? アクセス解析を見ても決して特定のエントリイに集中してアクセスされている訳ではないのです。

7月の約2週間の検索ワードを調べてみると、相変わらず「Yahoo解約」関連検索結果としての閲覧がダントツで多く、これにDRM解除が続いています。今盛んにエントリイしているJavascript関連の検索語による訪問は決して多くはありません。最も多いoffsetParentで検索して閲覧してくれた方でも、7月中のユニーク訪問者数累計=4,164人(参考:6月-6015人、5月-5199人、4/22~30で1147人)の内、わずか26人に過ぎません。

つまり今集中して書いているJavascript関連のエントリイが注目を浴びている訳ではなく、以前に書いたいくつかの話題が関心を集めているようです。

ちょっと残念ですが,それでも沢山の方々に閲覧されていると言う事実は、大変嬉しいことです。

そして大いに励みになることでもあります。引き続き頑張りたい、との決意を新たにしている今日この頃です。

閲覧者の皆さん、ありがとうございます。

prototype 学習、否オブジェクト指向Javascriptコードの学習を何から始めるか?

Ajax Libraryを概観し、いくつかの書籍を読みました

そこで思い付き、到達した学習方法をまとめておきたいと思います。

何度も書いているとおり、Libraryをそのままincludeして利活用する方法はとりたくないのです。そうすれば少なくとも Libraryの利用方法は分かるでしょうし、それだけでも一定の価値と意味はあります。しかし、それではJavascript本体のObject指向的なコード記述方法、つまりJavascriptそのものを十分には理解し得ないと思うのです。

愚劣ではあっても、丁度鉛筆でなぞる奥の細道のように、たとえ一字一句転写することになったとしても、オブジェクト指向的なJavascriptコードを自分で納得して書いてみるべきだと考えるのです。

まず Event Object の拡張を行ってみたい

イベントObjectは、Javascript本体に装備されているObjectの中でも大変分かりにくいものです。おそらく、今でも私は十分にそれを理解仕切れてはいません。

だからこそ、Event Object(以下EO)への理解をきちんとしたものにするためにも、EOの拡張にチャレンジしてみる必要があるし、もしかしたらprototype.jsで実装されているEOを更に拡張することが出来るかもしれません。

prototype.jsにおけるEvent Objectの更なる拡張について
例えば、prototype.jsにおけるEOの拡張は、まだ勧告に至っていないW3CのDOM Level 3で規定されるはずのキーボードイベント監視や、イベント発生元要素の取得、左クリックされたか否か、マウス位置取得、デフォルトアクションの停止、リスナーの停止、Listenされているかいないか、リスナー履歴(Cache)取得などです。

ここで欠落しているのはイベント発生先要素の取得、及び当該イベントのリスナーが設定されている要素の取得などです。

▲ToTop

次には訪問履歴(どのサイトから来てくれたのか)の取得です

アクセス解析を一々見なくても、document.referrerプロパティを活用して、訪問前サイトのリストを作成してみたい。単に今のこのブログに装備されていないから、オブジェクト指向Javascriptの練習台とし、取り組んでみたいというのが動機ですが、リファラー履歴をエントリイに取り込むということは、当該エントリイが表示される際に取得できるdocument.referrerの値を累積していくことであり、同じサイトから来てくれた場合のリストアップをどうするか、自サイト内のindex頁からの訪問も取得するのか、不定期に閲覧されるその都度、取得されるreferrer値をどのようにして累積するか、等の問題があり、結構挑戦し甲斐のある課題なのではないか、と考えています。まだ分からないこともありますが、チャレンジしてみようと思います。

幸いなことに、最近はユニーク訪問者数が200カウント台から300、日によっては400オーバーに乗ることもありますが、どんなルートから訪問してくれたのか、知っておくことは意義があると思うのです。

また、その情報が訪問者にも見えることにも意義があるはずです。リファラーはある意味で重要な関連情報ですから。

このリファラー履歴を各エントリイの末尾に掲載出来たらいいな、と考えた訳です。もしかしたらFC2のプラグインツールで既にあるかも知れないが、敢えて自前で作ってみようと思います。

ソーシャル解析におけるキーワード表示について

ソーシャルアナライズについて

FC2が提供している新アクセス解析において、ソーシャルアナライズに参加した場合の解析用HTMLは以下のようになっている。(「オンラインカウンター」部分は広告であり、複数の選択肢から任意に入れ替えられるようだ。)そして、解析用HTMLタグを貼り付けた場所に最大5個の関連キーワードが縦並びで表示される、と解説されている。

ここにおいて、5個の関連キーワードは<li>~</li>の部分に挿入されると考えられる。そこで5個の関連キーワードの表示/非表示を切り替えるために、liタグを包含するdiv要素に、CSSにてdisplay属性を定義してみた。

ところがli要素を包含するdivブロックにdisplay属性を定義しても思うように描画されないのである。

そこで、もしやと思いscriptタグから始まるアクセス解析用HTMLタグ全体をdiv要素で包含して、そのdivのdisplay属性を定義してみたら、やっと目的を果たすことが出来たのである。

こうした仕様はアクセス解析用HTMLの仕様として、一言断るのが筋だろう。試行錯誤を利用者に強いるのは決して賢明でもないし、得策でもない。

昨日一日表示が乱れたために、ご迷惑を掛けてしまった閲覧者にお詫びしたいが、表示の乱れに呆れてしまって、二度と訪れてくれない人もいるかも知れないので、忸怩たる思いである。

fc2新アクセス解析について(前言訂正)

HTML、CSSを編集すれば済むことであった。

直前のエントリイで
「ところが、1つだけ難点がある。それはソーシャルアクセス解析に参加すると、キーワードが自サイト上のトップページに自動的、否強制的に表示されてしまうことだ。しかも、その表示結果をレイアウト編集することは出来ないようなのである。」
と書いた。これは明らかに間違っていたのでここで訂正しておきたい。

すなわち、表示の乱れ云々は、挿入されるソーシャルAnalyze結果表示部分のHTMLを編集すれば済むことであった。あるいはHTMLの編集と必要なCSSを書けば解決することであった。

久しくブログデザインの変更作業を行っていなかったためか、勘違いしてしまった。

fc2さん、ごめんなさい。

解決方法は絶対配置が最適だろう。

絶対配置にして、例えば必要なときに時計の上、あるいはカレンダーの上にかぶせて表示し、あるいは不必要になったら隠蔽すれば良いだろう。もちろんその表示/非表示の操作は必要なボタンをどこかに配置すればよい。近いうちに、暇を見てそのように変更しようと思う。

fc2新アクセス解析にもの申す

機能が豊富になった新アクセス解析

日々進化し続けているfc2ブログサービスには敬意を表したい、と思う。

喧かしい宣伝をすることなく、深く静かに潜行し、しかしサービスの質の良さで自ずからユーザーを獲得している様は、大変素晴らしい。

そして今回、従来からのアクセス解析機能を更にアップさせた新アクセス解析が登場したので、早速これを使ってみた。

特定アドレスからのアクセスを解析対象から除外する機能(これを使って自宅パソコンからのアクセスは解析対象から除外した)、リンク元をサイトだけならず頁単位でも追跡できる機能、自サイトのどのリンクが多用されているかを知る機能など、新たに追加された機能は歓迎すべきものが多い。

旧アクセス解析を捨てて新規解析に乗り換えたい、と思ったのは私だけではあるまい。

しかし、ソーシャルアクセス解析に参加すると表示に支障が出る。

ところが、1つだけ難点がある。それはソーシャルアクセス解析に参加すると、キーワードが自サイト上のトップページに自動的、否強制的に表示されてしまうことだ。

しかも、その表示結果をレイアウト編集することは出来ないようなのである。

この結果自サイトのトップページは、ソーシャルアクセス解析に登録すると、レイアウトが乱れてしまうのだ。

その乱れた様は下図の通りである。

上図の赤線で囲った部分がソーシャルAnalyzeによる検索語の表示であるが、これが自動的に挿入されてしまうために、レイアウトが崩れてしまう訳だ。

従ってソーシャル解析へ参加した場合のその結果表示を自在にデザインできるようにして欲しい。

MyBlogアクセス解析から───YahooBB解約

このブログのアクセス解析を覗いてみた。

それはFC2による無料サービス版なのだが、時々チェックしている。

主にサーチワードを見て、どんな言葉から検索されてMyBlogが見られているのか、傾向を知るのだ。

YahooBB解約症候群

今回はその中からサーチワードの上位にランクされる項目に着目してみた。様々なワードによるアクセスがあるが、ここ半年くらいの中期的な傾向に着目してみると、ある傾向的なことが分かった。

2006年9月から順にトップにランクされた項目を見てみると「YahooBB解約」をサーチワードとするアクセスが非常に多いのである(大文字、小文字の違いや類字語による検索結果を含む)。その件数を昨年9月から今年3月までを順に並べてみると、次のように鰻登りに増加している。57件、32件、79件、98件、221件(1月)、281件(2月)、531件(3月)。今年に入ってからの増加ぶりは特に著しい。

日に200件弱のアクセスしかないマイナーなブログにおいてさえ、このようにアクセスが増えているのだから、全国的な傾向を推測するのは難くない。

つまり、大量の契約者がYahooBBを解約していると考えられる。そして解約に手間取るからこそ、超マイナーなMyBlogでさえも参考にして解約手続きを取っているのだろう。

それはもはや「YahooBB解約症候群」と呼称しても良いのではないかと思われる。YahooBBからの大量脱退が全国で起こっている、と考えて間違いないだろう。

思い返せば、鳴り物入りで喧伝されたYahooBB(ADSL)に飛びついたものの、半年以上待たされたことを今でも鮮烈に思い出す。それでも当時のYahooBBは、フレッツADSLに較べて遙かに魅力的であり、Yahoo様々状態だった。

しかし、栄枯盛衰というべきか、奢る者久しからずというべきか、ユーザー全員に僅か500円のお詫び金券を郵送する羽目になったYahoo個人情報漏洩事件が勃発し、番号ポータビリティでは受付業務停止事件を引き起こし、さらに同社は誇大広告で警告を受けた。

かくしてYahooあるいはソフトバンクは、大きく会社のイメージをダウンさせたと言えるだろう。

もはや5年前のYahooの魅力は殆ど消え失せてしまったと言っても過言ではない。

Googleが火を付けた「検索語によるサイト閲覧」と言うネットサーフィンスタイルの変貌も、ポータルサイトの必要性を大きく減退させ、Yahooトップページの必要性も薄らいでいる現在、Yahooはどこに向かうのだろう、と余計なことも考えたくなる昨今である。

大晦日の閲覧者が237人!過去最高の記録

昨日、拙BLOGの閲覧者が初めて200人を越えた。これまで200人台に上ることはなかったので驚くと共に、嬉しい。

しかし、何がそうさせたのか、アクセス解析を見ても分からなかった。何らかの用語検索から訪れてくれた方が110人程なので、半分は検索からではなく他の方法で辿り着いてくれたことになる。この間書き綴ってきたJavascriptやOSに関することが興味を引いたとすれば幸いである。

 

 

 

 

100万突破の序でに(苦笑)

 FC2ブログ作成に特化した書籍が発売されていることを今日知った。
 (Amazon.co.jp: さすが!と言わせる FC2ブログ徹底攻略術: 本: 持丸 浩二郎
 「初心者から上級者まで」との宣伝文句だが、7X0mの覚え書き - 「FC2ブログ徹底攻略術」を購入しました によれば、明らかに初心者向けであり「アクセス解析を設置できる程度の知識がある方なら必要ないでしょう」とのこと。
 買わないで良かった(苦笑)。
 

携帯電話W41Hについて(6)──無料のsd-audio対応ソフト

 パソコン内のmp3、wma等の無料形式の音楽ファイルをW41Hに取り込むツールとして、有料ソフトSD-Jukeboxを購入したことは既に触れた。W41Hで大量のパソコン内の楽曲を楽しむにはその選択肢しかないと判断したからである。
 ところが何と無料のsd-audio対応ソフトがあるではないか!
 もっと早くそのことを知れば有料ソフトを購入する必要などなかったのだ。グヤジ~~~
 序でに言えば、W41H取扱説明書に無料ソフトのことが全く触れられていないことにも怒りを禁じ得ない。不親切極まるマニュアルである。


 さて、その存在を知ったのは、このブログへのアクセス解析を分析していて、偶々W41Hのwikiサイトが存在することを知り、早速それにアクセスしたからだ。(→ FrontPage - W41Hまとめwiki
 何とそこには無料sd-audio対応ソフトのことが書かれているではないか!!MOOCS playerなるその無料ソフトは、SD-Jukeboxと同等の性能を有しているらしい。(「らしい」、と言わざるを得ないのはSD-Jukeboxと併存してインストールできないので、当該ソフトの性能を評価できないためである。)
 少なくともパソコン内のmp3ファイルをセキュアなAACに変換してminiSDカードに書き込むことは出来るようなので、無料ソフトMOOCS playerは目的としていた性能をしっかり有している。


 返す返すもリサーチ不足を嘆くばかりである。

アクセスカウンターが初めて100/dayを越えた!

ということで初めての出来事が起きたのである。

率直に嬉しい~

さて、アクセス解析を見てみると、色々なことが分かるが、今日はその中からまず、ブラウザについて。

閲覧者のブラウザ種別は次のようであった。圧倒的にIE6が多いことが分かる。しかしよく言われている90%前後ではなく既に8割を切り、変わってMozillaの勢いが凄まじいと言えるかも知れない。

次にサーチワードを見てみると面白い。

数週間ほど前までは圧倒的にGoogle Desktop Searchをキーワードに含むアクセスが多かった。それは社内LAN上でのGDS利用について、以前に少しく細かく書いたからであろう。

その傾向がずっと続いていたのであるが、最近になってJavascriptに関する件が一気に増えてきている。これは階層メニューについて書き連ねていることによるものだと考えられる。

いずれにしても、書いていることへの反応がある───といってもコメントやトラックバックはほとんどないのだが───のは嬉しいことだ。

願わくば、批判も含めて書き込みがあることを希望したい。

DOM版多段階層メニュー解説について

 我流で作成したJavascript-DOM版多段階層メニューについて、数日前から別Windowに解説を表示してきた。ここではその解説が完成したことを記録しておく。
 -------------------------------------------------
 当該サイトでは多段階層メニューに係るHTML、CSS、Javascriptの全て(但しCSSは要点のみの抜粋)を掲載し、説明したので、別途何らかの機会に多段階層メニューを作成することがあれば、ネット上からいつでも情報を得ることが出来るようになった。
DOM版Javascriptによる多段階層メニュー

 -------------------------------------------------
 アクセス解析を見る限り、我がBlogはGDS(Google Desktop Search)の検索結果として閲覧されている場合が多く、先にまとめた秀丸を利用した「テキスト文HTML化Macro」同様に、今回の階層メニューも、誰からも何も音沙汰がない。おそらく殆ど閲覧されていないのかもしれない。それでも、階層メニューに関心を持っている方は少なからずいると思われるので、叱咤激励や酷評も含め、その反応を楽しみにしている。

閲覧数について

4月になって毎日の閲覧数が突然増加した。毎日60~80人の方が閲覧してくれた。

一体どうしてそうなったのか?───その理由を知りたくて、時々アクセス解析機能を使って訪問者の属性を調査してみた。

そして次のことが明かとなった。

  1. 決してFC2BLOGユーザーの閲覧が多い訳ではないこと
  2. GDSのネットワークドライブ検索に関わるエントリイの閲覧が圧倒的に多いこと
  3. CSSに関するエントリイの閲覧がそれに次いで多いこと
  4. 最近専ら掲載している「テキストエディタ×マクロ=xhtml」に関しては、閲覧された形跡もなく、かつレスポンスが皆目ないこと

かくして「テキストエディタによるxhtml作成」は一般的な興味を呼び起こす話題ではないことが判明した。

階層化ラベル付きテキスト形式の、htmlに較べた相対的な可読性の高さ、Homepage作成時間の短縮、デザイン切り替えの容易さ───等々のメリットは、残念ながらブログユーザーの関心を呼ばなかったと言うことだろう。

当然のことながらそれは致し方ないことである。毎日のように新規のHomepageを作成している人は決して一般的に多いわけではない。一つの頁をあれこれとデザインすること(ブログの場合にはそうなる)に執心するHomepage制作者は多いかも知れないが、複数の頁をデザインすること自体が決して一般的なことではないのであろう。

つまり、Webデザイナーでもなんでもない圧倒的多数のブロガーは、多数のWeb頁作成に関する記述には興味を抱かないと言うことになるのだろう。

だから何だ、というわけでもない、たわいない一人ごとである。

ブログ訪問者履歴機能の追加について

 ブログ訪問者履歴機能が管理画面に追加された。(FC2インフォメーション ブログ訪問者履歴機能の追加
 これによりMyBlogに訪問してくれた方(但しFc2ブログからの訪問に限るが)が最近20人まで辿れるわけだ。もちろん、訪問者がその履歴を残すことを了解していないと駄目だし、20人を越えるリストは履歴として残せないが、より利便性が高まったことは間違いない。
 その上で折角の機能なので、その履歴を保存したい。
 アクセス解析でリンク元からブログサイトのURIは追えるし、スクリプトを利用してログを取る方法もあると思うが、せっかく新設された訪問者履歴機能なのだから、履歴保存機能を持たせて欲しい。

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
200810150002
200707200002
200707170222
200707170145
200704291201
200704260112
200704231452
200704091138
200701011148
200611041221
200605180034
200506080113
200505251215
200505130116
200503121244
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。