07 | 2017/08 |  09

  1. 無料サーバー

User forum-FC2BLOG-Info-Edit Template-Post-Edit-Upload-LogOut

CSSやJavascript自習の苦闘史を綴っていきたい。恐縮ですがJavascriptを有効にしてご覧ください。
2005年12月から社会問題も掲載!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ(Android 携帯)の個人情報漏洩と今後の Android の行方

事件

アンドロイド携帯の個人情報漏洩が世間を賑わしている。アンドロイド携帯は、2011年度上半期国内出荷スマホの8割を占める(朝日新聞2012/1/14付け朝刊)らしいから、影響は深刻である。

同時に、2011年度末の国内携帯出荷台数では、既にスマホが従来型ケータイを凌駕する見通し(2012/1/28朝日新聞:「2011年度末にはスマホの出荷量が従来型の携帯を上回り、全携帯端末の56%を占める、2300万台の出荷量になると予想されている。」)なので、影響は甚大でもある。

それにしても住所、氏名、電話番号がいとも容易く漏洩していた事実には驚かされる。iPhone の場合同様の「事件」は起きていないが、今後の保証がある訳ではない。Apple 社のアプリ審査を信頼するしかないのだから。

そこで、グローバルスタンダード化したスマートホンの有り様、今後の行方について考えてみたい。

ケータイからスマホへ

2007年に発売された iPhone がスマートフォンに革命をもたらし、ガラパゴス携帯と称される日本のケータイにも大きな打撃を与えたことは疑いようがない。私は2007年の iPhone 登場段階で、これが在来のスマホと携帯の有り様を一新する画期的な発明であることを予想した(anything from here iPhone熱狂 in America. そして日本では?)が、現実にその通りの展開となりつつある。

また、後発の Android スマホが、かつて Windows が Mac を凌駕したように、iPhone を大きく上回って市場を制覇するであろう(anything from here iPhone vs Android の行方)とも予想したが、こちらも予想通りの展開となっている。

iPhone が切り開き後発 Android 端末が市場を爆発させた「キーボードレスタッチパネルスマートフォン」(KLTS)は、数年後には日本のみならず世界的にもケータイの大半を占めるシェアを獲得することは間違いないだろう。それ故に、セキュリティ対策や個人情報保護問題は KLTS の有り様の根幹に関わる極めて重大な問題であって、今回の事件は、Google 社製 OS :Andoroid のプライバシーポリシイの是非や顧客情報管理のあり方を鋭く照射している。

それにしても何故 Android スマホがそれほど売れるのか?

日本の通勤車内でも最近はスマホを操っている人を多く見かける。中には自慢気に iPad を操っている人も少数いるが、新聞を読んでいる人は更に少数派と言える程だ。そして車内スマホの多くは iPhone ではなく Android 端末である。

2011年度上半期の国内出荷スマホの 8 割もが Andoroid 端末であることは驚きだが、これ程までに日本で Android 端末が発売されるのは以下のような理由によると思われる。

  • 赤外線通信、お財布、ワンセグ受信などのガラパゴス携帯固有の機能を搭載している機種が多々あること
  • 画面サイズ、厚み、横長比等において多様性に溢れていること
  • 高解像度デジカメ機能を搭載した機種があること
  • 以上から iPhone に較べて選択肢が多様であること

つまり、日本固有のガラパゴス携帯文化の継承性が Android 端末の魅力となっているのだ。欧米諸国では Android 端末の 寡占状況は日本ほど極端ではないのではない(GoogleのAndroid、世界スマートフォン市場でシェア過半に――Gartner調べ - ITmedia ニュース によれば、世界のスマホ市場における Android シェアは 2011年第3四半期において、52.5%である。)ことがこれを証左している。

因みに、日本における Android は 2011年3月時点で iOS を凌駕したようだ。(Android:iOS=4,601万人:3,906万人───調査リポート:国内スマートフォンシェア、AndroidがiOS抜く 市場は1000万人規模に - ITmedia プロフェッショナル モバイル

▲ToTop

基幹的なアプリでも情報が漏洩する Android

「 Android の情報流出リスクが高いアプリと対策まとめ - NAVER まとめ」 によれば、情報漏洩に注意すべきアプリとして、Google Calendar、Google Contacts、Picasa Web Albums がリストアップされている。驚くべきことに、これらは皆スマホの基幹的なアプリであり、Google 社純正アプリである。

つまり、Google 社自身がプライバシー漏洩に一躍駆っていると言っても過言ではない。

しかも、以下のように余りにも無防備なのだから更に驚愕を覚える。

  1. 公衆無線LANを介して他人が簡単に情報を見られてしまう
  2. カレンダーや連絡先の個人情報にアクセスできる
  3. 理論上すべてのGoogleサービスに対し、なりすましが可能
  4. HTTPを介して暗号化されないまま送信されている

まるで垂れ流し状態、暴露放題だ。これでは Android は全く信頼に値しない OS であると言っても過言ではないのではないか!

更に、Andoroid のバージョンアップ履行や公衆無線 LAN 不使用によって回避できるとはいえ、以下のサイトで述べられているように99.7%の Android 端末から情報漏洩の虞があるのだから事態はますます深刻である。

99.7%のAndroid端末に情報漏えいの危険、ドイツの研究者が指摘 -INTERNET Watch

Google 社に奢りはないか?

数年前に NHK が Google 社の躍進ぶりを特番で報じたことがあった。その中で検索結果ランキングが Google 社により意図的に操作されていることを臭わす事件が報じられ、検索結果にリストアップされなくなった会社の訴えと、それへの Google 社の反論が紹介された。

注目すべきはその G 社の反論内容である。検索結果に「リストアップされなくなった会社の Homepage 内容がリストアップに値しないから表示しないのだ」───このような趣旨の反論が展開されたのだ。この主張は G 社が自己をまるで Web サイトの価値を判定する神のごとき存在として、定立していることを意味している。

この反論には呆れかえり、奢りを感じたことは言うまでもない。今を時めく IT 最先端企業に、実は成り上がり者的な悪臭が漂っていることにがっかりしたことを、今でも鮮明に覚えている。

「2011年12月17日以降に日本で起きた有料アプリ購入者の詳細情報漏洩は、(ウィルスによるものではなく)システムの不具合が原因だそうで、2012年1月12日迄に修正された」(朝日新聞2012/1/13夕刊)そうだが、「詳細部分を除く住所やメルアドが有料アプリ提供業者に提供される仕組みは今後も続く」(朝日新聞2012/1/14)のだから、安閑とはしていられない。

そしてこの個人情報は Google 社によって一元的に管理されているのだから、G 社の姿勢によって情報流出はいかようにもコントロール出来る訳で、G 社はアップル社のようにアプリ提供業者に流す情報を販売数に限定すべきだろう。

▲ToTop

今後の Andoroid

Android の問題はシステムの不具合に起因する情報漏洩に留まらない。言わずもがなのウィルスの存在である。無審査アプリを認めている無政府性がウィルスを野放しにしているだ。

一方で、Apple 社の iPhone アプリ審査基準が不明瞭との指摘もあり、審査=是と単純化することは出来ないものの、ウィルスの蔓延を手をこまねいて放置するのもおかしい。現状のままではセキュリティ対策アプリ業者を喜ばすだけであって、決してユーザー本位の姿勢とは言えまい。

勿論、無料アプリなのだからそこまでの責任はない、との主張は身勝手すぎる。世界標準化しつつある故に、無料であっても社会的責任を果たすべきだろう。

このままウィスル蔓延が放置され続け、OS やシステムに起因する情報漏洩が繰り返されるとすれば、Andoroid の命運は尽きてしまうかもしれない。

そしてスマホの行方

スマホは今後も成長し続けるだろう。そして近い将来ケータイはスマホに駆逐される。

その時でも iOS の無料化は行われないだろうし、iPhone の閉鎖性も変らないだろう。他方、Android は無料のまま推移するだろうし、おそらくAndroid アプリの審査制度は膨大な費用が掛るため発足しないだろう。

このような見通しに立つ時、急成長した Android 端末は、「奢れる者久しからず」、「栄枯盛衰」の喩えのように一過性のものとなってしまうかもしれない───と推測してもあながち間違いではない。

Google : Picasa 3 が素晴らしい (2)

写真への文字挿入の要点

以下のことは使ってみて初めて見えてきたことであり、それなりに使いこなさないと分からないことである。ここにマニュアル的な記述をすべきかどうか迷ったが、何らかの参考になれば、と思い記述することにした。

写真の中に説明を書き加えたい、と思うことやその必要性は決して低くない。

簡易写真編集ソフトである JTrim でも任意の位置に横書き又は縦書きの日本語文章を挿入できるし、他の写真編集ソフトでもそれは可能なことだ。しかし、JTrim では挿入する文字の回転は出来ない。また一端文字を挿入し終えて保存したファイルの、当該文字を再編集することは出来ない。勿論、もう少し本格的なレタッチソフトを使えばそれは可能なことだろう。

でも、写真を管理/編集する場合常に本格的なレタッチソフトを使うのは一般に気が重い。

常用するソフトは軽快に動作しなければならないし、起動時間も出来るだけ短い方がよい。

つまり、容易に使えて様々な管理機能があって、かつ文字挿入が自在に出来る写真管理ソフトが前から欲しかった。それが picasa 3 でやっと叶ったのである。

▲ToTop

picasa3 で文字情報を写真内に自在に挿入/削除/編集する方法

任意の写真に文字を挿入し、その挿入済み写真を確定して保存したとする。そんな場合に挿入した文字を後で変更する必要に迫られることは決して珍しくない。それが picasa 3 では自在に可能となったのである。

picasa文字挿入/編集方法参考写真

左の写真は文字挿入済み写真の文字を再編集する場合の初期画面である。左側のペインに「保存取り消し」なるボタンがあるが、これをクリックすると挿入した文字が再編集可能となるのだ。

実際に、文字の再編集状態に入った後の画像を以下に示すが、このような状態にして削除、再加工が自由に出来るのだ。───この機能は非常に重宝するし、極めてユーザーフレンドリイな機能だ。

picasa3で挿入後の文字を再編集(1) picasa3で挿入後の文字を再編集(2)

なお、文字挿入前の元画像は、加工後に表示される「ディスクに保存」ボタンをクリックすれば、元フォルダの1階層下に自動的に作成される originals フォルダ内に自動保存されるので、どんなに編集を間違えてもきちんと元画像が残される点も、高く評価できる。

picasa3 では挿入する文字情報の回転も可能だが縦書きフォント未対応

そうなのである。文字の回転が簡単にできるのだ。実際上のスクリーンショットにあるように、15度程傾かせてみたが、極めて容易にそれが可能となるのだ。

但し、さすがに縦書きフォントをサポートしていないようで、この点は Made in Japan の写真簡易編集軽快ソフトである JTrim に叶わない。

Google : Picasa 3 が素晴らしい (1)

写真を管理し操作するアプリケーションは数多あれど...

デジタル写真を編集(加工・合成・トリミング・スクリーンセーバー化・スライドショー化等々)し、管理するアプリケーションは、Windows95 時代から数多く存在している。

著名なところでは、Photoshop、Paintshop が長い歴史を有していると思うが、ニューカマーだった Picasa は衝撃的デビューを飾った。

それはいわば勝手に PC 内の画像と動画を リストアップすることだ。この方法はMedia 管理ソフト(Winamp、Microsoft Media Player、iTune 等)が具現していたが、画像管理ソフトでは初めて採用された手法だった、と思う。

また、従来のディレクトリ管理を越えて、今流行の「仮想化」の一端をフォルダ分類に使用していたことが、ユーザーに混乱を招いたことも記憶している。

そして昨年末に Picasa 3 が登場した。

その情報を見たときに、ついに来たか!、と思ったものだ。

その歓迎点を列挙してみると...

  • ローカルデバイスのコンテンツとネット上のそれ( Picasaでいうところの「 web アルバム 」内のコンテンツ )との同期を自動化出来ること
  • 写真内に自由に文字を貼り付けられること、しかもそれを後で自在に編集できること
  • 従来からあったコラージュ機能が大幅に機能強化され、サムネール印刷機能と合体されたこと
  • 非常に使いやすいレタッチ機能が付加されたこと
  • スライドショーやスクリーンセーバーが簡単に作成できること
  • youtubeへの動画アップロード機能も備えたこと

他にも、複数の Picasa3 紹介サイトで注目している「顔判断」機能が付加されたが、匿名性を大きな特徴とする日本のネット文化においては、これがどれだけ利用されるか不明だ。しかし、家族や友人等の限定共有コンテンツの場合には重宝するだろう。

▲ToTop

ネット共有とプライバシー

更に今回注目したのは、共有のあり方である。一般公開、限定公開及びログイン公開の3つの共有モードの設定が可能となったが、限定公開の場合にはネット検索対象とならないか、またはネット検索結果に表示されないことである。

昨年、Google Map の共有情報漏洩が社会問題となったことは記憶に新しいが、この問題で注目したことは、そもそも「 共有≒漏洩 」となってしまうデフォルト設定そのものがおかしいということだ。(Google Maps の共有設定方法は、いつからそうなったのか定かではないが、一般公開、限定公開の区分が明記されるようになった。しかし相変わらずデフォルトでは一般公開になってしまう点は変更されておらず、意図せず、不注意に一般公開してしまうケースは今後も絶えないと思われる。)

Google がネット検索に全面的に拠って立つ会社であることを踏まえれば、このデフォルト設定は当然と言えなくもないが、明らかにプライバシーへの配慮に欠ける。そのことはストリートビューでも大きな話題となったが、picasa3 における共有モードの 3 つの分類は、それなりに妥当なものと言えるの「かもしれない」。

なぜ断定できないかと言えば、例えば一旦は問題ないと思って一般公開したものの、何らかの理由によってそれを限定公開に変更したとする。そのときに果たしてネット検索対象から除外されるのかどうか、定かではないためである。

その辺りのことをGoogle社の関連サイトで調べてみたところ次のような記述があった。

公開検索を使うと、Picasa ウェブ アルバム、Google、そしてその他のサービスで、Picasa ウェブ アルバム ユーザーがあなたの公開写真を検索できるようになります。

公開検索と統合されているサービスは次のとおりです。

  • Google イメージ検索結果
  • Picasa ウェブ アルバムの検索
  • Google マップの マイマップ機能
  • Picasa Web Albums Data API を使用したサービス

[設定] をクリックし、[自分の公開アルバムを検索可能にします] の横にあるチェックボックスをオフにすると、いつでも公開アルバムのこの設定を変更できます。統合されたすべての検索サービスで、結果から公開アルバムが削除されるまで数日かかる場合があります。

出典 : 公開検索について - Picasa ヘルプ

上のように書いてあるが、そもそも一端ネット検索対象となってしまえば、サーバーにもクライアント側にもキャッシュが残ってしまうから、完全にネットから隠蔽することは不可能だと考えられる。

とすれば、一般公開しても全く問題が発生しないと判断できない限り、picasa Web アルバムの公開デフォルト設定は限定公開、またはログイン付き公開とすべきだと思われる。

Picasa2を利用してみる

※ 適当なスレッドテーマがないので、とりあえず「画像加工」に投稿する。
 さて、Google社は昨年秋以降次々と新サービスや新アプリを提供しているように思われる。
 Google News、Google Desktop Searchに始まり、Google Alert、Google Map、Google Local、Google Earth、そしてPicasa2等である。
 (各種Service一覧
 GDSはその圧倒的な速度でそれまでのローカルPC検索の事実上の無能さを過去の遺物にしてくれたし、Google Earthによる衛星画像はまさしく衛星から地球を眺めるが如くのカメラアクションが素晴らしく、画像も他の航空写真サイトに較べて極めて新鮮であることも見逃せない。
 Alertでアンテナを張り情報を取得する方法も大変重宝する。
 Localによるご近所検索は、タウンページと連携しているだけに確実にして的確な情報を得ることが出来る。
 そして最近(2005/9/20)公開されたばかりの日本語版Picasa2である。
 Picasa2
 これはローカルマシン上にある全ての画像と殆どの動画を自動的にリストアップしてくれる画像管理ソフトであり、簡単なレタッチ機能も備えている。何よりも全ての画像をそのフォルダ作成年毎に整列してくれるのが嬉しい。こんな写真があったのだ!、という記憶の彼方に沈んでいた画像を発見することも出来るし、動画のサムネールリストさえインストール直後にちょっと待てば自動的に完成してしまう。
 複数の画像を合成するツールも付いていて、ちょっとしたプレゼンにも使えるかもしれない。しかも無料である!
 そんなこんなでPicasa2はお勧めの画像管理ソフトと言えるだろう。

 同時に、Google社が極めて的確にユーザーニーズを把握し、しかもユーザーフレンドリイなインターフェースを採用していることにも注目せざるを得ないだろう。
 --------------------------------------------------------
 Picasa2に言及しているサイトリスト(fc2blog内だけでも45件ヒットした)
グーグル、画像管理ソフト「Picasa2」日本語版を無償公開
グーグル、無償画像管理編集ソフト「Picasa2」日本語版
グーグルの無料画像管理編集ソフト「Picasa2」速攻レビュー 【ブログdeフォトコンテスト】
CNET Japan Blog - CNET Japan Staff BLOG:グーグルが画像管理ソフト「Picasa2」の日本語版を無償提供開始
Neo's Archives Vol.42:Picasa2

 90%近いシェアを握っているインターネットエクスプローラの描画エンジンを利用したタブbrowser。沢山のタブbrowserがあるが、多機能、カスタマイズフリー、スクリプト利用等で一日の長がある。Gekkoエンジンへの対応も行われ、IEからの自立独立の方向に向かっている。2005年7月にはIE7が登場する見通しの中で、今後の発展が望まれる。

 多様なCSS作成支援機能を備えた、タグ入力式 HTML&CSS作成支援エディタ。スキンデザインもすっきりしている。テキストエディター上で作成するよりも確実で安全にタグ打ちが出来る。
文字コードを選べないのが欠点。

 StyleNote同様のタグ入力式 HTML&CSS 作成支援エディタ。長年使用してきたが現在StyleNoteに乗り換えつつある。

 クリップボード履歴情報を活用する為のソフト。画像まで履歴を取ってくれるのが嬉しい。このソフトを使わない日は絶対ない程に重宝し、愛用している。

 起動中のウィンドウの「コピーできない」説明文などの文字列を取得し、コピー可能な文字データにするツール。何かと便利。

 ストリーミングデータを保存することが出来るソフト。動画利用には不可欠なソフトだ。

 無料ながらレイヤー機能を有し、スクリプトによる拡張も可能な、sleipnir作者が提供している優れもの画像編集ソフト。

 画面キャプチャソフトと言えばこれに勝るものなし、ではないだろうか? 様々な取得方法を有しており、ブログ作成にもHomepage作成に不可欠だ。Jtrimと並んでWoodyBellsの作品。

 複数ファイルの同時編集は出来ないが、透過pngも作れる画像編集ソフト。
(以下当該サイトから抜粋)初心者にも簡単に操作が出来るフォトレタッチソフトです。多くの加工機能で画像に様々な効果を与えることができます。非常に軽快に動作するため、ストレスなく操作できます。

 Animation Gifファイルを作れる無料ソフト。

 キャプチャソフト。画面内にサイト全体が表示しきれない場合でも、これを使えば全体をキャプチャすることが出来る。

 画像処理。画像のフォーマット変換のみならず、色数やサイズ、圧縮率の変更まで一括処理できてしまう『BatchGOO!』は、大量の画像をまとめて処理したいときに大変便利なソフト。BMP, TIFF, JPEG, PCX, PNG の相互変換をはじめ、色数・サイズ・解像度の統一、JPEG圧縮率の調節など、ホームページ用の画像や携帯電話用の壁紙を揃えるのに抜群の相性を見せる。(Vectorの当該ソフト紹介頁より抜粋引用)

 名前から直ぐに想像が付くように画像のサイズを測るためのソフトだ。Homepage作成には欠かせない。2カラム、3カラムのレイアウトを行う場合に大変重宝する。

 ランチャーソフトは沢山あるが、中でもこれが一押しだ。2年以上使ってきたがその操作性には毎日満足している。これを使い始めてからデスクトップには一切のアイコンを表示することをやめてしまった。

 AdobeReader7によって、起動時間が長すぎるという長年のユーザーの不満はある程度解消した。そのためこの高速化ソフトは存在価値が低下してしまったかもしれない。AdobeReader6迄はこのソフトによる起動高速化で恩恵を受けてきた。

 IE専用が難点だが、様々なサイト内でIDやパスワードを入力するのに重宝するソフト。コンテキストメニューから簡単に起動できるのがGood! sleipnir等のIEの描画エンジンを利用しているブラウザでも使える。

 利用しているパソコンの諸元値を取得するには、このソフトがベストだ。インストール済みソフトの一覧が取得できるのも嬉しい。

 WMPは機能が豊富なだけ重い。RealPlayerも同様だ。そこでMedia Player Classicを使いたい。動作が軽快なだけではなく、対応しているファイル形式もすこぶる多く、これひとつで、wmvもrmも表示できてしまうのだから凄い! 数多あるMedia Playerの王様と言えるだろう。

 自宅でPCを起動しているときには必ず起動しているメディアプレーヤー。何かと過剰なWinampよりも、起動も速くスキンはシンプルだ。

 DivX, Xvid, Mov, Vob, Mpeg, Mpeg4, avi, wmv, dv, などの動画をDVD-Video形式に変換できるフリーソフト。クリックするとDVD関連ソフト紹介サイト=「DVDなToolたち」なるHomepageが開きます。

----------
201201250903
200901181138
200901171405
200509250912
FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。